2022.5.14

家族みんながそろう休日に!サクッと時短でできる“お昼ごはん”レシピ5選

家族みんながそろう休日のランチ、何を作ろうか悩むことはありませんか?そこで今回は、サクッと時短でできる「お昼ごはん」レシピをご紹介します。ごま油が食欲をそそるねぎ塩丼やハムとねぎのチャーハン、豚キムチの焼きそばなど、ご家庭によくある材料で作れるレシピをピックアップ。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.10分でできる 豚こま肉のねぎ塩丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

豚こま肉と長ねぎで作る、ボリューム満点のどんぶりをご紹介します。鶏ガラスープの素を使ったシンプルな塩味ですが、お酢の酸味が程よく味を引き締めて、最後まで食べ飽きません。豚肉の旨味とごま油の香ばしい香りが食欲をそそりますよ。時間がないけれどしっかり食べたい日におすすめの一品です。

材料(1人前)

  • ごはん・・・150g
  • 豚こま切れ肉・・・80g
  • 長ねぎ (10cm) ・・・30g
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)酢・・・大さじ1/2
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • (A)ごま油・・・小さじ1

-----トッピング-----

  • 小ねぎ (小口切り) ・・・適量

作り方

1.長ねぎは5mm幅の斜め切りにします。
2.ボウルに(A)を入れ、よく混ぜ合わせます。
3.フライパンを中火で熱し、油をひかずに豚こま切れ肉を入れ、色が変わるまで炒めます。
4.1を入れ、長ねぎがしんなりし、豚こま切れ肉に火が通るまで中火で炒めます。
5.2を回し入れ、全体に味がなじむまで中火で炒め、火から下ろします。
6.器にごはんをよそい、5を盛り付け、小ねぎを散らして完成です。

2.ハムとねぎの簡単チャーハン

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

余りがちな長ねぎの消費におすすめ!ハムとねぎのチャーハンをご紹介します。シンプルな一品ですが、ハムの塩気と長ねぎの風味、ふんわり卵が絶妙なバランスで、クセになる味わい。ごはんは温かい状態で炒めることで火の通りが早くなり、パラパラになりやすいですよ。冷蔵庫によくある材料でぱぱっと作れるので、ぜひお試しくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・180g
  • 溶き卵 (Mサイズ) ・・・1個分
  • ハム・・・40g
  • 長ねぎの青い部分・・・1本分
  • 鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • ごま油・・・大さじ1

作り方

1.長ねぎの青い部分はみじん切りにします。ハムは1cm角に切ります。
2.中火で熱したフライパンにごま油をひき、1を炒めます。
3.油がなじんだらごはん、溶き卵を加え、パラパラになるまで中火で炒めます。
4.鶏ガラスープの素を加えて中火でさっと炒めたら火から下ろします。
5.お皿に盛り付けて完成です。

3.10分で出来る!豚キムチ焼きそば

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

包丁いらずでささっと作れる!豚キムチ焼きそばはいかがでしょうか。ピリッと辛いキムチのコクと旨味で、シンプルな調味料でも簡単に味が決まりますよ。お肉は豚ひき肉を使うので下処理の必要がなく、短時間で火が通るので時短も叶う一品です。忙しい日のランチに、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(1人前)

  • 中華麺 (蒸し麺) ・・・1玉
  • 豚ひき肉・・・70g
  • キムチ・・・50g
  • めんつゆ (2倍濃縮) ・・・小さじ2
  • 鶏ガラスープの素・・・小さじ1/2
  • 水・・・30ml
  • ごま油・・・小さじ2

-----仕上げ用-----

  • 小ねぎ (小口切り) ・・・適量
  • 白いりごま・・・適量

作り方

1.中火で熱したフライパンにごま油をひき豚ひき肉を炒めます。
2.豚ひき肉の色が変わったらキムチ、鶏ガラスープの素、めんつゆを加え中火で炒め合わせます。
3.豚ひき肉に火が通り味がなじんだら中華麺と水を加え麺をほぐし、中火で3分程度加熱し、火から下ろします。
4.器に盛り付け、小ねぎ、白いりごまを散らして完成です。

人気のカテゴリ