2022.8.1

「ホウボウ」とは?特徴や味、レシピもご紹介!

「ホウボウ」という魚をご存知ですか?スーパーで見かけることは少ないので、食べたことがない方も多いのではないでしょうか。しかし、ホウボウはタイやヒラメに並ぶ高級魚であり、その上品な味わいは格別です。今回はホウボウの特徴をはじめ、その味わいや旬の季節、さらにおすすめの食べ方やレシピなどをご紹介します。

ホウボウとは?

「ホウボウ」とは、カサゴ目ホウボウ科ホウボウ属の魚のこと。西太平洋から東シナ海、南シナ海などの暖かい海に生息しており、水深100〜200mを中心に海底で甲殻類や小魚などを捕食しています。

ホウボウは見た目がとても個性的な魚で、体表は赤色で頭が大きく、胴は円錐型で尾に向かって細くなる形をしています。胸びれは鮮やかな緑色で異様に大きく、3本の脚のような「軟条(なんじょう)」が左右に付いており、これを使って海底を歩くように移動します。大きな胸びれを使って海底を泳ぐ姿は、まるで蝶が羽を広げているかのように見えます。

また、ホウボウという名前の由来は、水揚げしたときに浮き袋を震わせて「グーグー」と鳴くので、それが「ホウボウ」になったという説や、胸びれを使って方々を歩き回りながらエサを探すから、という説があります。

上品な味わいの高級魚

ホウボウはタイやヒラメに並ぶ高級魚であり、江戸時代には上流階級が食べる高貴な魚として「君魚(キミウオ)」と呼ばれていたそうです。

その身は淡い桜色でクセが少なく、プリプリと引き締まった食感とほのかな甘味があります。脂ののりは少ないですが旨味が強く、噛みしめるほどに味わい深い魚といえるでしょう。加熱するとふっくらとした食感になるので、刺身のほかにも煮物や揚げ物、鍋物など幅広い調理法で楽しむことができます。

以前は主に飲食店で扱われていましたが、近年は温暖化の影響で漁獲量が増え、価格が下がったためスーパーなどでも見かけるようになりました。ただし、切り身ではなく丸ごと販売されることが多いので、食べ方や捌き方が分からずに購入をためらう方も多いかもしれません。

旬の時期や産地は?

日本近海では、ホウボウは北海道南部から沖縄にかけて生息しており、主に底引き網や定置網などで漁獲されます。一年を通して水揚げされますが、旬である冬は特に脂がのっておいしくなります。

また、ホウボウは地方によって呼び方が異なるのも特徴のひとつです。青森では「キミオ」や「コトブキ」、北陸では「キミウオ」、島根では「ガツ」や「カナ」、九州では「ホコノウオ」など、何十通りもの呼び方があります。古くからおいしい魚として各地方で親しまれてきたことが伺えますね。

人気のカテゴリ