2022.9.10

朝食やランチに役立つ!具沢山なサンドイッチを崩さずきれいに切る方法

手軽にぱくっと食べられる「サンドイッチ」。最近は具の断面が美しいサンドイッチも話題ですよね。でも、具だくさんがゆえに、きれいに切るのが難しいことも...。そこで今回は、具だくさんなサンドイッチを崩さずきれいに切る方法をご紹介します!切り方のポイントや絶品サンドイッチレシピもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧くださいね。

  • 目次
  • 具だくさんなサンドイッチをきれいに切る方法は?
  • サンドイッチをラップで包んでから切ってみると…?
  • 具だくさんな絶品サンドイッチレシピをご紹介!
  • BLTEサンド
  • アボカドツナ卵サンドイッチ
  • 彩り野菜とハムのサンドイッチ
  • 具だくさんなサンドイッチもこれで安心!

具だくさんなサンドイッチをきれいに切る方法は?

今回は、以下のような条件でサンドイッチを作りました。

  • 6枚切りの食パンを使用
  • 具材はレタス、トマト、ベーコン、ゆで卵を使用

ご家庭で試されるときには、食パンは何枚切りでも大丈夫です!また、具材もお好きなものを使用してくださいね。

1.食パンに具材をはさむ

まずはレタス、トマト、ベーコン、ゆで卵などの具材を食パンにならべてはさみます。

2.サンドイッチを手でおさえながらきつめに包む

具材をはさんだら、サンドイッチをラップの上にのせます。このとき食パンや具材がずれないように、手でおさえながらきつめに包むのがポイントです!

サンドイッチ全体をしっかりと包めるように、ラップは大きめに切っておくのがおすすめです!

3.ラップごとサンドイッチを切る

きつめに包んだサンドイッチは、そのままラップごと切りましょう。そうすると、食パンや具材がずれずきれいな断面になります!

サンドイッチをラップで包んでから切ってみると…?

サンドイッチをラップできつめに包んでから切ると、パンや具材がずれることなく、断面もでこぼこせずきれいな仕上がりになりました!ラップを巻いたままであれば具材がこぼれ落ちたり、トマトなどの野菜の水分で手が汚れることもなく、そのまま食べられるのもうれしいポイントですね。

今回の方法はご家庭にあるラップを使って手軽に実践できる方法なので、ぜひ試してみてくださいね!

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

具だくさんな絶品サンドイッチレシピをご紹介!

ここからは、具だくさんなサンドイッチレシピをご紹介します。ボリューム満点のBLTEサンドやアボカドとツナと卵のサンドイッチなど、思わずほおばりたくなる絶品レシピをピックアップしたので、ぜひチェックしてみてくださいね!

BLTEサンド

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

カリカリのベーコンとみずみずしいレタスに、トマトや彩りのよい卵をはさんだ大満足のBLTEサンドはいかがでしょうか。ピリッと辛いからしマヨネーズがアクセントになって、フレッシュな具材とのコンビネーションも抜群です!ベーコンは電子レンジで加熱するだけで、カリッとジューシーな仕上がりになります。ぜひ作ってみてくださいね!

材料(1人前)

  • 食パン (8枚切り)・・・2枚
  • ゆで卵・・・1個
  • トマト・・・1/2個
  • 薄切りハーフベーコン・・・4枚
  • フリルレタス・・・4枚
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ1
  • (A)練りからし・・・小さじ1/2
  • マヨネーズ・・・小さじ1
  • 有塩バター・・・5g
  • 黒こしょう・・・ひとつまみ

作り方

準備.有塩バターは常温に戻しておきます。
1.ゆで卵は5mm幅に切ります。
2.トマトは1cm幅の輪切りにします。
3.薄切りハーフベーコンは耐熱皿にのせて、ラップをかけずに500Wの電子レンジで1分加熱します。一度取り出し、キッチンペーパーで余分な脂を拭き取ります。再び500Wの電子レンジで縁がカリカリになるまで1分ほど加熱し、キッチンペーパーで余分な脂を拭き取ります。
4.ボウルに(A)を入れて混ぜ合わせます。
5.食パンはオーブントースターで焼き目が付くまで3分ほど焼きます。
6.5の1枚に4を塗り、フリルレタス、2、マヨネーズ、3、黒こしょう、1の順に乗せます。
7.残りの5に有塩バターを塗り、6に重ね、2等分に切り完成です。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W250℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

アボカドツナ卵サンドイッチ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

アボカドとツナと卵を使った、ボリューム満点のサンドイッチをご紹介します。とろとろの半熟卵をはさむと、鮮やかな黄色味が映える断面に仕上がりますよ。アボカドツナのまろやかで濃厚な旨みにコク深いマヨネーズがマッチして絶品です!トーストした食パンとの相性もぴったりなので、ぜひ試してみてくださいね。リッチな気分を味わいたい、休日の朝食にもおすすめです。

材料(2人前)

  • 食パン (4枚切り)・・・2枚
  • 有塩バター・・・10g

-----アボカドツナ-----

  • アボカド・・・1/2個
  • ツナ油漬け (正味量)・・・70g
  • マヨネーズ・・・大さじ2
  • 塩・・・小さじ1/4
  • 黒こしょう・・・小さじ1/4
  • 卵 (Mサイズ)・・・3個
  • お湯 (ゆで用)・・・適量
  • 冷水・・・適量

作り方

準備.有塩バターは常温に戻しておきます。 アボカドは種を取り除き、皮をむいておきます。
1.食パンに有塩バターを塗り、アルミホイルを敷いた天板にのせて、オーブントースターで焼き色が付くまで3分焼きます。
2.お湯を沸騰させた鍋に卵を入れて5分加熱したら、冷水に入れて殻をむき、水気を切って2等分に切ります。
3.ボウルにアボカドツナの材料を入れ、アボカドを潰しながら混ぜます。
4.ラップを敷いて1を1枚置き、3、2、残りの1を順にのせ、きつくラップを巻きます。
5.2等分に切り、器に盛り付けて完成です。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W200℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

※アルミホイルが熱源に直接触れると溶けてしまう恐れがあります。熱源に触れないようご注意ください。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

彩り野菜とハムのサンドイッチ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

カラフルで食卓に映える、彩り野菜とハムのサンドイッチを作ってみましょう!細切り野菜のシャキシャキ感やハムの旨みがぎゅっとつまった、具だくさんで色味も鮮やかな一品です。つぶつぶで香り高いマスタードマヨネーズがくせになり、ついつい手がのびること間違いなしですよ!ラップに包んで少しなじませてから切るときれいな断面に仕上がりますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

材料(1人前)

  • 食パン (8枚切)・・・2枚
  • ハム・・・4枚
  • きゅうり・・・1/2本
  • 紫玉ねぎ・・・1/2個
  • 水 (さらす用)・・・適量
  • にんじん・・・60g
  • レタス (20g)・・・1枚

-----マスタードマヨネーズ-----

  • マヨネーズ・・・大さじ1
  • マスタード (粒)・・・小さじ2
  • 有塩バター・・・10g

作り方

準備.きゅうりはヘタを切り落としておきます。 にんじんは皮をむいておきます。 有塩バターは常温に戻しておきます。
1.ボウルにマスタードマヨネーズの材料を入れて混ぜ合わせます。
2.きゅうりは細切りにします。
3.にんじんは細切りにします。
4.紫玉ねぎは薄切りにし、水を張ったボウルに入れて5分程さらします。
5.食パン1枚に1を塗り、レタス、ハム、2、水気を切った4、3の順にのせます。もう1枚の食パンに有塩バターを塗り、重ねます。
6.ラップで包んで5分程置き、なじんだら半分に切り、お皿に盛りつけて完成です。

具だくさんなサンドイッチもこれで安心!

いかがでしたか。今回は具だくさんなサンドイッチを崩さずきれいに切る方法と、絶品レシピをご紹介しました。身近なキッチン道具の「ラップ」を使うと、きれいな断面のサンドイッチに仕上がるだけでなく、そのまま食べやすくなるのもうれしいですよね。今回ご紹介したレシピとあわせて、ぜひ参考にしてみてくださいね!

人気のカテゴリ