2022.6.7

「5分でパパッと完成!」もう一品欲しい時にも使える“おつまみ”レシピ5選

疲れて帰ってきた夜は、パパッと作れる「おつまみレシピ」があればうれしいですよね。そこで今回は、たった5分でできて、もう一品欲しい時にも使えるおつまみのレシピをご紹介します。辛みがクセになるサーモンときゅうりのコチュジャン和えや、さっぱりとした塩昆布トマト冷奴など、さまざまなレシピをピックアップしました!

1.5分で作れる サーモンときゅうりのコチュジャン和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

色合いが美しい、サーモンときゅうりのコチュジャン和えのご紹介です。切ったきゅうりとサーモンを、しょうゆやコチュジャン、みりんなどで甘辛く味つけしました。コチュジャンのほどよい辛さがサーモンの濃厚な味と相まって、やみつきになるおいしさ。ごま油と白いりごまが香り、箸がどんどん進みますよ。

材料(2人前)

  • サーモン (刺身用・柵)・・・100g
  • きゅうり (100g)・・・1本
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1/2
  • (A)みりん・・・大さじ1/2
  • (A)コチュジャン・・・大さじ1/2
  • (A)ごま油・・・大さじ1/2
  • (A)白いりごま・・・大さじ1/2

作り方

準備.きゅうりはヘタを切り落としておきます。みりんは、加熱を行いアルコールを飛ばし粗熱をとっておきます。
1.きゅうりは乱切りにします。
2.サーモンは2cm角に切ります。
3.ボウルに1、2、(A)を入れ和えたら、器に盛り付けて完成です。

2.5分で作れるおつまみ 小松菜とちりめんのピリ辛和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

噛むほどに旨味広がる、小松菜とちりめんのピリ辛和えをご紹介します。小松菜は電子レンジで加熱するので、お湯を沸かす必要がありません。クセのない味わいの小松菜にちりめんじゃこの塩気がよく合いますよ。めんつゆで簡単に味が決まるので、料理初心者さんにもおすすめ!一味唐辛子のピリリとした刺激で、より食が進みます。

材料(2人前)

  • 小松菜・・・200g
  • ちりめんじゃこ・・・20g
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • (A)一味唐辛子・・・小さじ1/3

作り方

準備.小松菜は根元を切り落としておきます。
1.小松菜は3cm幅に切ります。
2.耐熱ボウルに入れラップをし、600Wの電子レンジで3分加熱し、粗熱が取れたら水気を切ります。
3.ボウルに2、ちりめんじゃこ、(A)を入れ混ぜ合わせます。
4.器に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

3.5分で作れる アボカドボードでホタテユッケ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

コロンとした見た目がかわいい、アボカドボートでホタテユッケはいかがでしょうか。めんつゆやコチュジャンなどで味つけしたホタテを、アボカドのくぼみに入れて卵黄を落とすだけ。甘辛い味つけのホタテと濃厚なアボカドがマッチして、たまらないおいしさです。彩りもきれいなので、おもてなしメニューとしてもおすすめです。

材料(2人前)

  • アボカド・・・1個
  • ホタテ貝柱 (刺身用)・・・4個
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・小さじ2
  • (A)コチュジャン・・・小さじ1
  • (A)ごま油・・・小さじ1
  • うずらの卵 (卵黄)・・・2個
  • 白いりごま・・・適量

作り方

1.アボカドは縦半分に切り、種を取り除きます。
2.ホタテは4等分に切ります。
3.ボウルに2と(A)を入れて混ぜ合わせます。
4.1の種を取り除いたくぼみに3を入れ、うずらの卵をのせます。
5.お皿に盛りつけ、白いりごまを散らしたら完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

人気のカテゴリ