2022.6.25

“ブロッコリー”がいちばん採れる都道府県はどこ?気になる正解は…

食卓でもおなじみの「ブロッコリー」。鮮やかな緑色で使い勝手がよく、サラダやシチューなどにも重宝しますよね。そんなブロッコリーの収穫量が多い都道府県を、ランキング形式で発表します!ブロッコリーを使った簡単レシピもピックアップしていますので、ぜひ最後までお楽しみくださいね。

ランキングの発表!

さっそく発表です!このランキングは、農林水産省の調査を参考に作成しました。年間のブロッコリー収穫量を比べています。いちばんよく採れる1位の都道府県はどこか、予想してみてくださいね!

第5位・・・徳島県 11,300 t

第4位・・・香川県 15,700 t

第3位・・・愛知県 15,700 t

第2位・・・埼玉県 16,100 t

気になる第1位は...。

第1位・・・北海道 29,500 t

1位は北海道でした!

涼しい気候を好む「ブロッコリー」は10〜3月頃が旬。そのため、北海道では夏頃に収穫されて、秋から冬にかけては埼玉県や愛知県などの南下した地域で収穫されます。ブロッコリーは地中海周辺が原産地で、実はキャベツと同じ「アブラナ科」の野菜なんです。寒くなるにつれて甘みが増していくので、シチューや寒い日の煮込み料理にもおすすめ!

ブロッコリーを生のままで保存するときは、水分をふいてビニール袋にくるんで冷蔵庫の野菜室に入れておきましょう。そのまま置いておくとつぼみが開いてしまうので、ゆでて早めに使い切るか、保存袋に平らに入れて冷凍しておくと、使いたいときにすぐ出して加えられるので便利です。

[出典]農林水産省 「令和3年産作況調査(野菜)」 (https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_yasai/index.html)

ブロッコリーを使った簡単レシピをご紹介!

ブロッコリーの話をしていると、なんだかブロッコリーを使った料理が食べたくなってきませんか?ここからは、色鮮やかなブロッコリーを使った簡単レシピをご紹介します。おかか和えやたまごサラダなど、あと一品にぴったりのメニューをピックアップしました。ぜひ最後までご覧くださいね。

1.ブロッコリーのおかか和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

とっても簡単に作れる、ブロッコリーのおかか和えはいかがでしょうか。おかかしょうゆのほっとする味わいとクセのないブロッコリーの相性がよく、ついついお箸が止まらなくなるおいしさですよ。ブロッコリーは電子レンジを使って加熱するので、手間いらずでお作りいただけるのもうれしいポイント!和風の副菜であと一品ほしいときにもおすすめなので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • ブロッコリー・・・100g
  • 水・・・大さじ1
  • かつお節・・・2g
  • しょうゆ・・・小さじ2

作り方
1.ブロッコリーは小房に分けます。
2.耐熱ボウルに入れ、水をかけラップをして600Wのレンジで1分30秒、ブロッコリーがやわらかくなるまで加熱します。
3.軽く水気を切り、かつお節としょうゆを加えて混ぜ合わせたら完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ