2021.6.7

料理の手間が省ける「ガーリックパウダー」!使い方のミニ講座とおすすめレシピ4選

あると便利!「ガーリックパウダー」の魅力とは?

香ばしい風味が食欲をそそる「ガーリックパウダー」。生のにんにくの代わりに使うと、にんにくを刻んだりすりおろしたりする手間が省けて便利ですよね。

今回は、そんなガーリックパウダーの使い方や、自家製ガーリックパウダーの作り方、おすすめのレシピなどをご紹介します。ぜひ参考にして、日々の料理に活かしてみてくださいね。

「ガーリックパウダー」の特徴や種類は?

「ガーリックパウダー」とは、にんにくを乾燥させて粉末にした調味料のこと。生のにんにくに比べて風味がやわらかく、ほんのひと振りで食欲をそそる風味をプラスすることができます。

ガーリックパウダーは「パウダータイプ」と「粗挽きタイプ」の2種類に分けられます。 パウダータイプは、さらさらとした粉末状で料理に馴染みやすいのが特徴です。肉や魚の下味に振りかけたり、ポテトフライにまぶしたり、ドレッシンングやソースに混ぜたりと幅広い料理に活用することができます。

粗挽きタイプは、より風味が強く小さな粒状でカリカリとした食感があります。溶けにくいのでスープやソースに溶かす調理には向きませんが、ステーキやペペロンチーノなどにんにくの風味をそのまま楽しみたいときに最適です。

ガーリックパウダーの使い方は?

ガーリックパウダーは、生のにんにくと同じように幅広い料理に活用することができます。サッと振りかけるだけでにんにくの風味をプラスすることができるので、使い方をマスターすれば大活躍すること間違いなしですよ!以下で、具体的な活用方法をチェックしてみましょう。

◼︎肉や魚の下ごしらえに
にんにくには臭み消しの効果があるので、肉や魚の下ごしらえに最適です。肉や魚を焼く前に振りかけたり、唐揚げなどの下味に加えると食欲をそそる香ばしさがプラスされます。

◼︎パスタや炒め物の風味付けに
パスタや炒め物を作るときに、ガーリックパウダーを使うとにんにくを刻む手間が省けてとても便利です。他にも焼きそばやガーリックライス、餃子の具材など、幅広い料理の風味付けに活用することができます。

◼︎揚げ物のアクセントに
ガーリックパウダーは、ポテトフライなどの揚げ物とも相性抜群!仕上げに塩とガーリックパウダーを絡めるだけで、お酒によく合うスパイシーな風味に仕上がります。

◼︎煮込み料理にコクをプラス
カレーやビーフシチューなどの煮込み料理を作るとき、ガーリックパウダーを少し加えるとコクと風味がグンと増します。

◼︎ピザやトーストのトッピングに
ガーリックトーストやピザを作るときにも、ガーリックパウダーは大活躍!仕上げにパラパラと振りかけるだけで、香ばしい風味をプラスすることができます。

人気のカテゴリ