2021.12.15

「おうちでのちょい飲みにぜひ!」さっと作れて楽うま“キムチおつまみ”レシピ5選

ピリ辛な中にもまろやかな旨みを感じる「キムチ」。あつあつごはんにのせてもおいしいですが、実はいつものおつまみに加えてもとてもおいしい食材なんです。

そこで今回は、おつまみにぴったりのおいしいキムチレシピをご紹介します。キムチをたっぷりとトッピングしたチーズ入り卵焼きや、豚バラ肉とナスの旨辛味噌キムチ炒めなど、特有の辛みがクセになる簡単レシピをピックアップしました。意外な食材との組み合わせに、新しいおつまみのレパートリーが広がること間違いなしですよ!ぜひチェックしてみてくださいね。

1.とろーり キムチチーズ卵焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

キムチをたっぷりのせた、とろーりチーズがおいしい卵焼きはいかがでしょうか。オイスターソースと鶏ガラスープの素を入れた、しっかり味の卵焼きです。中からとろーりチーズが溶け出す満足感の高い一品ですよ。中までじっくり火を通すことで、チーズがとろけておいしさがぐんとアップ!トッピングにピリ辛のキムチをのせることで、いいアクセントになり、お酒もより進みますよ。難しいコツは一切なくさっとお作りいただけるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

材料(2人前)

  • 卵 (Mサイズ)・・・3個
  • 鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • オイスターソース・・・小さじ1/2
  • さけるタイプのチーズ・・・2本
  • サラダ油・・・大さじ1

-----トッピング-----

  • キムチ・・・50g
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.さけるタイプのチーズは4等分に割きます。
2.ボウルに卵、オイスターソース、鶏ガラスープの素を入れて混ぜ合わせます。
3.中火で熱した卵焼き用のフライパンにサラダ油の1/3量をひき、キッチンペーパーで伸ばします。
4.2の1/3量を流し入れ、奥に1をのせて手前に巻き、中火のまま焼きます。
5.同様に残りの2を2回繰り返し焼き、中まで火が通ったら火から下ろします。
6.お皿に盛り付けて、トッピングの材料をのせて完成です。

2.豚バラとナスの味噌キムチ炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

旨みたっぷりの豚バラ肉と、ナスを使った味噌キムチ炒めをご紹介します。旨辛でざくざくとした食感のキムチと、濃厚なみそがからんでついお箸が止まらなくなりますよ。ピリ辛でこっくりとした味わいの炒め物なので、お酒ともよく合います。材料を切って炒めるだけのとっても簡単なレシピです。余っているキムチの消費にもおすすめなので、ぜひ試してみてくださいね。

材料(2人前)

  • 豚バラ肉 (スライス)・・・250g
  • ナス・・・2本
  • 水 (さらす用)・・・適量
  • キムチ・・・150g
  • (A)みそ・・・小さじ2
  • (A)みりん・・・小さじ2
  • ごま油・・・小さじ2
  • 糸唐辛子・・・適量

作り方

1.ナスはヘタを切り落とし、乱切りにして水に10分ほどさらし、水気を切ります。
2.豚バラ肉は5cm幅に切ります。
3.フライパンを中火に熱し、ごま油をひいて2を炒めます。
4.色が変わってきたら1を加えてさらに中火で炒めます。
5.豚バラ肉に火が通ったらキムチと(A)を加え中火のまま炒め合わせ、よく混ざったら火から下ろします。
6.器に盛り、糸唐辛子を乗せて完成です。

3.包丁いらず 時短ネギトロとキムチユッケ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

包丁を使わずに和えるだけの、韓国風ネギトロとキムチのユッケを作ってみましょう!マグロの旨みが凝縮されたネギトロと、ピリ辛のキムチとの相性は抜群ですよ。ごま油の香りとコクでユッケがより奥深い味わいになり、大葉の爽やかな香りで食欲もそそります。仕上げにのせる卵黄とよく混ぜれば、濃厚な味わいもお楽しみいただけますよ。ぜひお好みのお酒と一緒に味わってみてくださいね。

材料(2人前)

  • マグロ (ネギトロ)・・・100g
  • キムチ・・・70g
  • 大葉・・・2枚
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)砂糖・・・小さじ1
  • 卵黄・・・1個
  • 白いりごま・・・小さじ1/2
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.大葉は手で一口大にちぎります。
2.ボウルにマグロ、キムチ、1、(A)を入れてよく混ぜ合わせます。
3.お皿に盛り付け、卵黄をのせ、白いりごまと小ねぎを散らしたら完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

人気のカテゴリ