2022.6.3

「葫」なんと読む?読めたらスゴい難読漢字、正解は…

「葫」この漢字、何と読むかわかりますか?がっつり食べたいときや、風味よく仕上げたいときによく使う、あの食材です!正解発表のあとは、「葫」を使ったおすすめレシピをご紹介します。食欲そそるレシピをピックアップしましたので、ぜひ最後までご覧くださいね。

がっつり食べたいときに使うあの食材…!正解は?

実はこの漢字、「ニンニク」と読みます!

ニンニクの漢字といえば、普段よく目にするのは「大蒜」の方かもしれませんね。実は「葫」は「ひる」とも読み、昔はニンニクも含めた食用となるユリ科の植物全体のことを指していました。ニンニクがユリ科、というのもちょっと意外ですよね。

みなさんは、いつも食べているニンニクは植物の「茎」の部分だということを知っていますか?正しくは「鱗茎」といって、玉ねぎなどと同じように地面の下の部分にあります。スーパーなどの売り場では、上の茎部分が取り除かれて売られているんですね。

ニンニクを使ったやみつきレシピを紹介!

さて、ここからはクイズにちなんで、ニンニクを使ったやみつきレシピをご紹介します。お酒のおつまみにもなるほうれん草とベーコンのガーリックバター醤油炒めや、塩ダレでいただく豚肉と大根のにんにくレンジ蒸しなどのレシピをピックアップ!ぜひチェックしてみてくださいね。

1.ほうれん草とベーコンのガーリックバター醤油炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

お酒のおつまみにもぴったりな、ほうれん草とベーコンのガーリックバター醤油炒めをご紹介します。ゆでたほうれん草とベーコンをバターでサッと炒め、しょうゆで味つけするだけととっても簡単!ベーコンの旨味がほうれん草に染みて、後を引くほどのおいしさです。ガーリックバターしょうゆのコクと風味に食欲がそそられ、箸がどんどん進みますよ。

材料(2人前)

  • ほうれん草・・・150g
  • お湯 (ゆで用)・・・1000ml
  • 塩 (ゆで用)・・・小さじ1/2
  • 冷水 (さらす用)・・・適量
  • 薄切りハーフベーコン (計70g)・・・8枚
  • ニンニク・・・1片
  • しょうゆ・・・小さじ2
  • 有塩バター・・・20g

作り方

1.鍋にお湯を沸かして塩を入れ、ほうれん草を1分ほどゆで、お湯を切ります。冷水にさらし、水気を切ります。
2.根元を切り落とし、3cm幅に切ります。
3.ニンニクはみじん切りにします。
4.薄切りハーフベーコンは1cm幅に切ります。
5.フライパンに有塩バターと3を入れて、中火で熱し、香りが立ったら4を入れて炒めます。
6.薄切りハーフベーコンに焼き色がついたら2を加えてさっと中火で炒め、しょうゆを加えて炒め合わせます。
7.全体に味がなじんだら火から下ろし、お皿に盛り付けて完成です。

2.塩ダレで簡単 豚肉と大根のにんにくレンジ蒸し

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

電子レンジで作れる、豚肉と大根のニンニク蒸しはいかがですか?薄切りにした大根と豚バラ肉を交互に並べてニンニクをのせ、塩ダレをかけて電子レンジで加熱しました。あっさりとした味わいの塩ダレに、ニンニクの風味がアクセントになってとってもおいしいですよ。食べ応えもあるので、がっつり食べたいときにも大活躍!ぜひ挑戦してみてくださいね。

材料(2人前)

  • 豚バラ肉 (薄切り)・・・150g
  • 大根・・・200g
  • ニンニク・・・1片

-----タレ-----

  • 料理酒・・・大さじ1
  • 酢・・・大さじ1
  • 鶏ガラスープの素・・・小さじ1.5
  • ごま油・・・小さじ1
  • 塩こしょう・・・ふたつまみ
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量
  • ラー油・・・小さじ1/2

作り方

準備.大根は皮をむいておきます。
1.大根は薄く輪切りにします。
2.ニンニクは薄切りにします。
3.豚バラ肉は3cm幅に切ります。
4.ボウルにタレの材料を入れて混ぜ合わせます。
5.耐熱皿に1、3を交互に並べ、2をのせます。4を回しかけ、ラップをふんわりとして600Wの電子レンジで豚バラ肉に火が通るまで6分ほど加熱します。
6.小ねぎを散らし、ラー油をかけて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ