2022.7.3

「のせて焼くだけ!」時間のない朝にぴったりな“時短トースト”レシピ5選

トーストは手軽でおいしいけれど、具材や味に飽きてしまった…という方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、のせて焼くだけでできる「朝食トースト」のレシピをご紹介します。食感が楽しいとろ~り納豆トーストや、ボリューム満点のピザトーストなど、時間のない朝にもぴったりな時短レシピをピックアップしました!

1.朝ごはんに 簡単ピザトースト

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

とろけるチーズがたまらない、簡単ピザトーストのご紹介です。食パンにケチャップを塗り、切った食材とチーズをのせたら、あとはトースターにおまかせ!コクたっぷりのチーズ、ケチャップの酸味、ハムの塩気が合い、やみつきになるおいしさです。シャキシャキとした玉ねぎとピーマンで、食べごたえもばっちりですよ。

材料(2人前)

  • 食パン (6枚切)・・・2枚
  • ケチャップ・・・大さじ2
  • ハム・・・2枚
  • 玉ねぎ・・・1/8個
  • ピーマン・・・1個
  • ピザ用チーズ・・・40g

作り方

1.玉ねぎは薄切りにします。
2.ピーマンはヘタと種を取り除き、薄い輪切りにします。
3.ハムは半分に切り、さらに1cm幅に切ります。
4.食パンにケチャップをまんべんなく塗ります。
5.3、2、1の順にのせ、ピザ用チーズをかけます。
6.アルミホイルを敷いた天板にのせ、オーブントースターでピザ用チーズに焼き目がつくまで3分ほど焼いて完成です。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W220℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

※アルミホイルが熱源に直接触れると溶けてしまう恐れがあります。熱源に触れないようご注意ください。

2.ビスマルク風トースト

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

カフェのような見た目が食欲そそる、ビスマルク風トーストのご紹介です。まろやかな半熟卵とジューシーなベーコンは、食パンとの相性抜群!ケチャップのほどよい酸味も効いて、とってもおいしいですよ。さわやかな香りのバジルもいいアクセントになっています。食べごたえのあるトーストを食べたいときに、ぴったりです。

材料(1人前)

  • 食パン (6枚切り)・・・1枚
  • 卵 (Mサイズ)・・・1個
  • 薄切りハーフベーコン・・・2枚
  • バジル・・・1枚
  • ピザ用チーズ・・・30g
  • ケチャップ・・・大さじ1

作り方

1.薄切りハーフベーコンは1cm幅に切ります。バジルは2cm角に切ります。
2.食パンは中心にスプーンでくぼみを作り、全体にケチャップを塗ります。くぼみに卵を入れ、黄身の周りにピザ用チーズ、1を散らします。
3.アルミホイルを敷いた天板にのせ、オーブントースターで卵が半熟状になるまで5分程焼きます。
4.器に盛り付けて完成です。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W200℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

※アルミホイルが熱源に直接触れると溶けてしまう恐れがあります。熱源に触れないようご注意ください。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

3.みんな大好き!コーントースト

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

子どもに喜ばれること間違いなし!コーントーストを作ってみませんか。マヨネーズとチーズのコクにコーンの甘みが合わさり、あと引くおいしさです。お好みで黒こしょうをかけて食べると、ピリッとした刺激がたまらない大人の味わいに。少ない材料でできるので、忙しい朝でもパパッと作れますよ。

材料(2人前)

  • 食パン (6枚切り)・・・2枚
  • コーン・・・50g
  • マヨネーズ・・・40g
  • ピザ用チーズ・・・50g
  • パセリ (乾燥)・・・適量

作り方

1.天板に食パンをのせ、マヨネーズを塗ります。
2.コーン、ピザ用チーズを乗せます。
3.オーブントースターで2をこんがりするまで5分程焼きます。
4.仕上げにパセリをふりかけて完成です。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W200℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

人気のカテゴリ