2022.5.23

日本でいちばん「果物」の産出額が多い都道府県はどこ?2位は長野県、気になる1位は…

クイズです!日本でいちばん果物を作っているのは、どの都道府県でしょうか?果物は種類が多く、それぞれ旬や重量、価格などが異なりますが、それら全部を含めた「果実」を一番多く作っている都道府県を予想してみてください!答え合わせのあとは、果物を使った簡単スイーツレシピもご紹介しますよ。ぜひ最後までご覧くださいね。

ランキングの発表!

それでは早速結果を見てみましょう!このランキングは、農林水産省の調査を参考に作成しました。年間の果実産出額を比べています。1位に輝いた都道府県はどこなのでしょうか。皆さんも予想してみてくださいね。

​​第5位・・・山梨県 595億円

第4位・・・山形県 719億円

第3位・・・和歌山県 740億円

第2位・・・長野県 743億円

気になる第1位は...。

第1位・・・青森県 914億円

1位はりんごで有名な青森県でした!2位と150億円以上の差を付けてダントツのトップでしたね。皆さんの予想は当たっていましたか?

青森県といえば、りんごの名産地ですよね。その始まりは、明治8年に国から配布された3本の苗木だったそうです。まだ実もならないような小さな木が青森県の県庁の敷地内に植えられ、その後、りんごが少しずつ増えていったのだとか。明治42年には全国で一番りんご畑が多い県となったそうですよ。今では、りんごといえば青森県というくらい、県を象徴するような果物になっていますよね!

[出典]農林水産省「令和元年生産農業所得統計」

おすすめレシピをご紹介!

答えが分かったところで、ここからは果物を使った簡単スイーツレシピをご紹介します。市販の切り餅をアレンジして作るいちご大福や、混ぜて焼くだけの簡単なりんごジャムマフィンなどをピックアップしました。ぜひティータイムのおやつの参考にしてみてくださいね!

1.切り餅を簡単アレンジ いちご大福

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

誰でも簡単に作れるいちご大福をご紹介します。切り餅に水と砂糖を加えて電子レンジで加熱し、木べらで練り、丸めたあんこを包んでいちごを飾れば、あっという間にかわいらしいいちご大福の完成です。もちもちした食感と、甘酸っぱくてみずみずしいいちごにあんこの甘さが加わり、間違いのないおいしさですよ。ぜひ試してみてくださいね。

材料(4個分)

  • いちご・・・4個
  • こしあん・・・160g
  • 切り餅・・・3個
  • (A)水・・・60ml
  • (A)砂糖・・・15g
  • 片栗粉(打ち粉用)・・・大さじ2

作り方

準備.いちごはヘタを取っておきます。
1.こしあんは4等分にし、丸めます。
2.大きめの耐熱ボウルに切り餅、(A)を加えて、混ぜ合わせます。ラップをかけずに600Wの電子レンジで3分加熱をします。
3.熱いうちに木べらでよく練り、全体がなじんで粘り気が出るまで混ぜ合わせます。
4.片栗粉を広げたバットにのせ、全体に片栗粉をまぶして4等分にします。
5.1を包み、同様に3個作ります。
6.キッチンバサミで餅を切り、切り込みを入れます。
7.切り込みにいちごをのせ、お皿に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ