2022.1.18

【謎解きクイズ】この法則は何でしょう?解けたらスゴい謎解きクイズ!気になる正解は…

謎解きクイズです!空欄に入るものはなんでしょうか?ヒントは鍋料理に入れることも多いあの食材!答え合わせの後には、この食材のおすすめレシピをご紹介しますよ。夕食にぴったりな絶品おかずや、寒い日に食べたい鍋料理などを集めました。ぜひ最後までご覧くださいね。

五十音表にあてはめると…?気になる正解はこちら!

正解は「鱈」です!すぐにわかりましたか?

左側の漢字をひらがなにして五十音表にあてはめ、それぞれ矢印の方向の文字を読むと右側の言葉になります。3つ目の言葉は「ちり」。矢印にしたがって上のひらがなを読むと「た」「ら」になります!

タラは年間を通して手に入りやすい魚ですが、なんといっても冬がおいしい季節です!ふわふわ肉厚の生ダラは旨味たっぷり、鍋料理にぴったりですよね。

タラのおすすめレシピをご紹介!

ここからは、タラのおすすめレシピをご紹介します。定番のムニエルや、きのこあんかけのソテー、寒い日にぴったりな味噌鍋など、どれも絶品のレシピばかりですよ。

1.定番 タラのムニエル

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

魚料理の王道、ムニエルを作ってみましょう。バターで焼き上げることで風味よく、カリッと香ばしい仕上がりです。レモンを効かせたバターソースは、バターのコクとレモンのさわやかな香りがバランスよく、たまらないおいしさですよ。クセのないタラにはシンプルなソースがよく合います。夕食のメインにはもちろん、お酒のおつまみにもぴったりな一品です。

材料(2人前)

  • タラ (計200g)・・・2切れ
  • 薄力粉・・・大さじ1
  • サラダ油・・・小さじ2
  • 有塩バター・・・10g

-----ソース-----

  • 有塩バター・・・10g
  • レモン汁・・・小さじ2
  • 粗挽き黒こしょう・・・ふたつまみ
  • 塩・・・ひとつまみ
  • ベビーリーフ・・・20g
  • レモン (くし切り)・・・2個

作り方

1.タラの水気をキッチンペーパーで拭き取り、薄力粉をまんべんなくまぶします。
2.中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、1の皮目から焼きます。焼き色が付いたら裏返し、蓋をして火が通るまで3分程焼きます。
3.中火のまま有塩バターを入れ、両面がカリッとするまで焼き取り出します。
4.ソースを作ります。同じフライパンの余分な油をキッチンペーパーで拭き取り、ソースの材料を入れ中火で熱します。有塩バターが溶け、全体がなじんだら火から下ろします。
5.ベビーリーフを敷いたお皿に3を盛り付け、レモンを添えます。4をかけたら完成です。

2.タラのきのこあんかけ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

きのこの旨味が詰まったあんがおいしい、タラのきのこあんかけをご紹介します。お家によくある調味料で手軽に作れる和風あんですが、きのこの旨味がしっかり染みていますよ。とろみをつけることでふわふわのタラによく絡み絶品です。大葉をトッピングすれば、だしの効いたあんに大葉の香りがよく合いお箸が進むことまちがいなし!ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • タラ (切り身)・・・250g
  • 塩・・・ふたつまみ
  • 白こしょう・・・少々
  • 薄力粉・・・大さじ1
  • サラダ油・・・大さじ2

-----きのこあん-----

  • しめじ・・・30g
  • えのき・・・20g
  • にんじん・・・30g
  • (A)水・・・200ml
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)料理酒・・・小さじ2
  • (A)みりん・・・小さじ2
  • (A)顆粒和風だし・・・小さじ1
  • 水溶き片栗粉・・・大さじ2
  • 大葉・・・3枚

作り方

1.にんじんは皮をむいて4cmの長さの細切りにします。しめじは石づきを切り落として手でほぐします。えのきは石づきを切り落として半分に切り、手でほぐします。
2.大葉は千切りにします。
3.タラに塩と白こしょうをふり、薄力粉をまんべんなくまぶします。
4.フライパンにサラダ油をひいて中火で熱し、3を入れて両面を3分ずつ焼き、火が通ったら火から下ろします。
5.鍋に(A)、1を入れて中火にかけます。
6.にんじんに火が通ったら水溶き片栗粉を回し入れ、手早くかき混ぜ、中火で熱します。とろみがついたら火から下ろします。
7.器に4を盛り付け、6をかけ、2をのせて完成です。

人気のカテゴリ