2022.4.16

日本で1番キャベツを買っている都市ランキング!3位は盛岡市、2位は秋田市、気になる1位は…

シャキッとした歯ごたえと甘みがおいしい「キャベツ」。生でも加熱してもおいしく食べられるので、安売りしているときに丸ごと一個買って、いろいろな料理に活用するという方も多いかもしれませんね。そんなキャベツを日本で一番購入している都市はどこか、知っていますか?答え合わせのあとは、ランキングにちなんでキャベツを使ったおすすめレシピもご紹介します。ぜひ最後までご覧くださいね。

ランキングの発表!

早速ランキングの発表です。このランキングは、総務省統計局の調査を参考に作成しました。1世帯あたりの年間キャベツ購入数量を比べています。1位にはどこの都市がランクインしているか、ぜひみなさんも予想してみてくださいね。

​​第5位・・・広島市 19,224 g

第4位・・・鳥取市 19,597 g

第3位・・・盛岡市 19,652 g

第2位・・・秋田市 21,120 g

気になる第1位は...。

第1位・・・鹿児島市 21,827 g

1位は「鹿児島市」でした!1位から5位までランクインしている都市のキャベツ購入数量を見比べてみると、どこの都市も20,000g前後と、僅差であることがわかります。キャベツは各地でたくさんの人に愛されている食材なんですね。

キャベツといえば、季節ごとにいろいろな種類があることをご存じですか?みずみずしくやわらかな食感が特徴の春系キャベツ、葉が硬くしっかりした巻きが特徴の冬系キャベツをはじめ、春から初夏にかけて出荷される小ぶりな「グリーンボール」、コロンと小さな「芽キャベツ」、肉厚で葉の表面が赤紫色の「紫キャベツ」などがあります。同じキャベツでも種類によって味わいや食感が異なるので、見慣れないキャベツを見かけたらいつものものと食べ比べてみるといいかもしれませんね!

[出典]総務省統計局ホームページ(https://www.stat.go.jp/data/kakei/5.html)

おすすめレシピをご紹介!

さてここからは、ランキングにちなんでキャベツを使ったおすすめレシピをご紹介します。ごはんの進むキャベツと豚バラ肉のうま煮や、やみつきのおいしさのキャベツとツナのコク塩ナムルなどをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.キャベツと豚バラ肉のうま煮

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

一度にキャベツをたっぷり消費したいときには「キャベツと豚バラ肉のうま煮」がおすすめです。炒め合わせたキャベツと豚バラ肉に、みりんやしょうゆなどの調味料を加えて甘辛く煮込みました。豚バラ肉の旨味を吸ったキャベツがやみつき必至のおいしさ!濃いめの味つけなので、ごはんがどんどん進みますよ。ぜひ挑戦してみてくださいね。

材料(2人前)

  • 豚バラ肉 (スライス)・・・100g
  • キャベツ・・・300g
  • (A)水・・・150ml
  • (A)砂糖・・・小さじ2
  • (B)みりん・・・大さじ1.5
  • (B)料理酒・・・大さじ1.5
  • (B)しょうゆ・・・大さじ1.5
  • (B)みそ・・・小さじ1
  • サラダ油・・・大さじ1
  • 糸唐辛子・・・適量

作り方

1.キャベツを一口大に切ります。
2.豚バラ肉を3cm幅に切ります。
3.中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、1を入れて炒めます。
4.油がまわったら、2を入れて豚バラ肉に火が通るまで中火で炒めたら、(A)を入れて5分煮込みます。
5.(B)を入れて味が染み込むまで中火で7分煮込んだら火から下ろします。
6.お皿に盛り付け、糸唐辛子をのせて完成です。

2.大量消費 キャベツとツナのコク塩ナムル

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ニンニク風味に食欲がそそられる、キャベツとツナのコク塩ナムルはいかがですか?細切りにしたキャベツを塩もみし、ツナとごま油で和えました。キャベツは塩もみすることで、かさが減ってもりもり食べられますよ。シャキシャキ食感のキャベツにツナの旨味が合わさり、クセになるほどのおいしさです。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • キャベツ・・・200g
  • 塩 (塩もみ用)・・・小さじ1/4
  • ツナ油漬け (正味量・1缶)・・・50g
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • (A)白いりごま・・・大さじ1/2
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1/2
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/4
  • (A)塩こしょう・・・少々

作り方

1.キャベツは細切りにします。
2.ボウルに1、塩を入れ、手でよく揉みこみ、ラップをかけて10分程おき、水気を絞ります。
3.別のボウルに(A)を入れ、よく混ぜ合わせます。
4.2、ツナ油漬けを入れ、全体に味がなじむまでよく混ぜ合わせ、器に盛り付けて完成です。

人気のカテゴリ