2022.6.29

コーヒーブレイクとは?用語の意味やお供にぴったりなレシピをご紹介

仕事や家事の合間にほっとひと息、「コーヒーブレイク」で休憩しませんか?香りのよいコーヒーを飲みながら小休止することでメリハリがつき、結果的にやる気をアップさせることができるんです!そこで今回は、コーヒーブレイクの特徴や用語の意味のほか、コーヒーブレイクのお供にぴったりなレシピもご紹介します。

コーヒーブレイクとは

コーヒーブレイク(coffee break)の「ブレイク(break)」とは英語で「中断」や「休憩」という意味で、その名の通り、仕事や家事の合間にコーヒーを飲みながら少しだけ休憩することを言います。

人の集中力や体力には限界があるもの。疲れたり眠いときに仕事や家事を無理して続けても、作業効率は下がるばかりですよね。

そんなときこそコーヒーブレイクの出番!香りのよいコーヒーを飲みながら休憩することで心と身体のリフレッシュや気分転換につながり、再びやる気をアップさせるといわれているんですよ。

ブレイク中の過ごし方は人それぞれ。本を読む、音楽を聴く、お菓子を食べるなどして、ほっとひと息つきましょう。お気に入りのマグカップやコーヒーフレーバーを取り入れると気分も高まりそうですね。

また、コーヒーブレイクは、仕事仲間や家族とコミュニケーションを取りたいときにも効果的です。コーヒーを片手にリラックスしながら話せば、いつも以上に会話が盛り上がるかもしれませんね。

コーヒーブレイクの注意点は?

コーヒーブレイクは、いわば癒しのひととき。

ついつい気が緩みがちですが、休みすぎたり、コーヒーを飲みすぎて満腹になったりするとモチベーションが下がり、作業が再開しにくくなってしまうことも。

オンとオフをスムーズに切り替えるためにも「コーヒーは一杯だけ」、「休む時間は10~20分」と事前に飲む量や時間をはっきり決めておくのがおすすめです。

コーヒーブレイクはあくまで「小休憩」であることを忘れずに、うまく取り入れてみてくださいね。

コーヒーブレイクのお供にぴったり!おすすめレシピをご紹介

ここからは、コーヒーブレイクのお供にぴったりなスイーツレシピをご紹介します。クッキーやトリュフ、チーズタルトなど幅広くピックアップしたので、ぜひお試しくださいね。

サクほろ アイスボックスクッキー

混ぜて焼くだけで簡単に作れる、アイスボックスクッキーのご紹介です。ポイントは、クッキーの生地にアーモンドプードルを加えることと、卵は卵黄のみを使うこと!サクサク感がアップして、ほろっと軽い口当たりに仕上がります。厚めに切って、心地よいサクほろ食感をご堪能くださいね。

材料3つで簡単 チョコレートトリュフ

材料はなんと、ミルクチョコレートと生クリーム、ココアパウダーの3つだけ!お子様も大人も喜ぶチョコレートトリュフはいかがですか?材料を混ぜて丸めるだけで簡単に作れるので、コーヒーブレイクのお供にはもちろん、3時のおやつや食後のデザートにも活躍しますよ。

ベリーたっぷりチーズタルト

華やかな見た目に思わず目を奪われる、チーズタルトのご紹介です。市販のタルト生地の上にチーズクリームを流し込み、ベリーをトッピングするだけの簡単レシピですが、味は絶品!さっぱり爽やかなチーズクリームに甘酸っぱいベリーがよく合い、あと引くおいしさですよ。

HMで簡単 ナッツごろごろフロランタン

一度にたくさん作れる、フロランタンのご紹介です。チョコレート風味のクッキー生地にキャラメルの甘み、アーモンドスライスやピーナッツのカリカリ食感が絶妙にマッチして、やみつきになること間違いなし!ホットケーキミックスを使って手軽に作れるのもうれしいポイントですね。

※こちらのレシピは、はちみつを使用しております。1歳未満(乳幼児)のお子様はお召し上がりにならないようご注意ください。 はちみつは水あめでも代用いただけますが、砂糖では固まってしまうので代用いただけません。

定番スイーツ シュークリーム

ふっくらと膨らんだシュー生地に、生クリームを加えた濃厚な味わいのカスタードクリームをたっぷり詰めた、食べ応え抜群の一品です。ひと口食べればバニラの風味が口いっぱいに広がり、たまらないおいしさですよ。作るのに手間がかかる分、完成したときの喜びはひとしお!ぜひ作ってみてくださいね。

忙しいときこそコーヒーブレイクを

いかがでしたか?今回は、コーヒーブレイクの意味のほか、コーヒーブレイク中に食べたいおすすめレシピをご紹介しました。

本を読む、お菓子を食べる、楽しく会話するなど、コーヒーブレイクの楽しみ方は人それぞれ!忙しいときこそコーヒーブレイクの時間を設けて、心身ともにリフレッシュしてみてくださいね。

人気のカテゴリ