2022.7.11

【謎解き】「?」に入る言葉は何?ヒントは12まであるものといえば..気になる正解は

なぞときクイズです!画像の空欄に入る言葉はなんでしょうか?ヒントは左の数字に隠されています。年賀状によく描かれるあるものを表していますよ。よーく見てこの謎を解き明かしてみてくださいね。答え合わせのあとは、クイズの正解にちなんだおすすめレシピをご紹介します。ぜひ最後までご覧くださいね。

「12」まであるものといえば...!正解はこれ!

正解は「うし」です!

左の数字は、干支の順番を表しています。12番目は「亥(い)」、6番目は「巳(み)」、7番目は「午(うま)」なので、数字のとおりにその文字を繋げてみると右側の言葉になります。そして2番目は「丑」なので、正解は「うし」になるんです!

牛肉はお肉の中でも細かく部位ごとに分かれ、肉質も旨みも異なります。肉質の柔らかい部位(リブロースやヒレなど)はステーキやグリル料理に、硬めの部位(肩、すねなど)は煮込み料理にするのがおすすめです。また、内臓も食すことができ、焼肉やもつ煮込みなどによく使用されます。牛肉は豪華なイメージがありますが、比較的手頃なこま切れ肉などは炒め物に使いやすくて便利ですよ。

ささっとお手軽!牛肉炒めレシピをご紹介!

さて、ここからはクイズの答えにちなんで、ごはんのおかずにぴったりな牛肉炒めのレシピをご紹介します。たっぷり長ねぎと牛肉の旨塩炒めや、チンゲン菜と牛肉のオイスター炒めなどおすすめレシピをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.たっぷり長ねぎと牛肉の旨塩炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

レモンのさっぱりとした味つけで箸が進む、たっぷり長ねぎと牛肉の旨塩炒めを作ってみませんか?旨みたっぷりの牛バラ肉と長ねぎの甘みがよく合い、ニラの香りも加わってとてもおいしい一品です。シンプルな塩味で仕上げているので、牛肉のおいしさを存分にお楽しみいただけます。トッピングの黒こしょうの辛みがアクセントになっていますよ。

材料(2人前)

  • 牛バラ肉 (切り落とし)・・・200g
  • 長ねぎ・・・2本
  • ニラ・・・30g
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • (A)レモン汁・・・小さじ1
  • (A)塩こしょう・・・ひとつまみ
  • ごま油・・・大さじ1

-----トッピング-----

  • 黒こしょう・・・適量

作り方

1.長ねぎは根元を切り落とし、1cm幅の斜め切りにします。
2.ニラは5cm幅に切ります。
3.フライパンを中火で熱し、ごま油をひき、牛バラ肉を入れて炒めます。
4.牛バラ肉の色が変わってきたら1を加えて中火で炒め、しんなりしてきたら(A)を加えて炒め合わせます。
5.味がなじみ、牛バラ肉に火が通ったら2を加えて中火でさっと炒め合わせ、火から下ろします。
6.お皿に盛り付け、黒こしょうをかけて完成です。

2.チンゲン菜と牛肉のオイスター炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

手頃な牛こま切れ肉で作れる絶品のおかず!チンゲン菜と牛肉のオイスター炒めはいかがでしょうか。牛肉の旨みとオイスターソースのコクのある味つけでごはんのおかわり必至のおいしさです!チンゲン菜とえのきの食感が楽しく食べ応えもあり、満足度が高い一品ですよ。とても簡単にお作りいただけますので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 牛こま切れ肉・・・200g
  • チンゲン菜 (150g)・・・1株
  • えのき・・・50g

-----調味料-----

  • オイスターソース・・・大さじ2
  • 鶏ガラスープの素・・・小さじ1/2
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • ごま油・・・大さじ1

作り方

1.チンゲン菜は根元を切り落とし、3cm幅に切ります。
2.えのきは石づきを切り落とし、手でほぐし、半分の長さに切ります。
3.中火で熱したフライパンにごま油をひき、牛こま切れ肉を炒めます。
4.牛こま切れ肉に火が通ってきたら、1、2、調味料を加え、中火のまま炒め、味が馴染んだら火を止めます。
5.お皿に盛り付けて完成です。

人気のカテゴリ