2022.1.12

朝ごはんや夜食に!いくらでも食べられる“アイデアお茶漬け”レシピ5選

時間のないときや、夜食にもぴったりなお茶漬け。手軽に作れるのが魅力ですが、味つけがワンパターンになりがちな料理でもありますよね。

そこで今回は、いつもとひと味ちがう、お茶漬けのレシピをご紹介します。トマトと牛肉の洋風茶漬けや、しょうゆラーメン風中華茶漬けなど、アイデア満載のレシピをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.さらさら食べられる 納豆茶漬け

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

さらさら食べられる 納豆茶漬けのご紹介です。納豆の風味と塩昆布のほどよい塩気が合わさり、やみつきになるおいしさです。サクサクとしたあげ玉の食感や小ねぎも、いいアクセントになりますよ。熱湯の代わりに緑茶をかけると、より風味豊かに仕上がります。わずか5分でお作りいただけるので、ぜひお試しくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・150g
  • 納豆・・・1パック
  • 付属のタレ (納豆)・・・1袋
  • 顆粒和風だし・・・小さじ1/3
  • 熱湯・・・200ml

-----トッピング-----

  • 塩昆布・・・3g
  • あげ玉・・・1g
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.ボウルに納豆、付属のタレを入れて混ぜ合わせます。
2.ごはんをよそった器に顆粒和風だしをふり入れ、熱湯を注ぎます。
3.1、トッピングの材料を盛り付けて完成です。

2.トマトと牛肉の洋風茶漬け

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

洋風に仕上げたいときは、トマトと牛肉のお茶漬けがおすすめです。コンソメ顆粒を使ったスープが、牛肉やごはんと相性抜群ですよ。ほどよい酸味のミニトマトがアクセントになり、手が止まらないおいしさです。コクのある牛肉と、ほどよい酸味のミニトマトがマッチし、贅沢な味に仕上がりますよ。ミニトマトは炒めないで、そのままのせてもおいしくいただけます。ミニトマトやイタリアンパセリの彩りがよく、お洒落なお茶漬けです。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • 牛こま切れ肉・・・50g
  • ミニトマト・・・4個
  • 水・・・200ml
  • (A)コンソメ顆粒・・・小さじ2
  • (A)塩こしょう・・・ふたつまみ
  • イタリアンパセリ (飾り用)・・・適量

作り方

準備.ミニトマトはヘタを取っておきます。
1.ミニトマトは半分に切ります。
2.中火で熱したフライパンで牛こま切れ肉を炒めます。色が変わったら1を加えてさっと炒め、火から下ろします。
3.鍋に水と(A)を入れて中火で煮立たせます。
4.器にごはんを盛り付け、2をのせます。3をかけ、イタリアンパセリをのせて出来上がりです。

3.しらすと天かすのだし茶漬け

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

朝食にもぴったり!しらすと天かすのだし茶漬けをご紹介します。釜揚げしらすの塩味と旨味が溶け出し、さらっと食べられますよ。サクサクの天かすがいいアクセントになっています。味つけにはめんつゆを使うので、簡単に味が決まるのもうれしいポイント。最後に大葉をのせて、さわやかさをプラスしてくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • 釜揚げしらす・・・30g
  • 天かす・・・10g
  • 大葉・・・2枚
  • お湯・・・200ml
  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・小さじ2

作り方

準備.大葉は軸を切り落としておきます。
1.大葉は千切りにします。
2.ボウルにお湯とめんつゆを入れ、混ぜ合わせます。
3.器にごはんをよそい、釜揚げしらす、1をのせ、2をかけます。天かすを散らして完成です。

人気のカテゴリ