2022.8.5

【謎解きクイズ】「?」に入る漢字はなに?答えにちなんだ絶品レシピも必見!正解は…

なぞときクイズです!この画像の「?」に入る漢字は何でしょう?周りの漢字と組み合わせて熟語を作れる文字を探してみてくださいね。正解発表のあとは、日本料理に欠かせないあの調味料を使ったおかずレシピをご紹介します。なぞときクイズで頭を使ったあとは、毎日のおかずにぴったりの絶品レシピをお楽しみくださいね!

周りの漢字をよーく見て考えて...!正解はこれ!

正解は「味」です!予想は当たりましたか?

真ん中に「味」の漢字が入ると、それぞれ「興味(きょうみ)」、「意味(いみ)」、「味噌(みそ)」、「味覚(みかく)」と読むことができますね。

みそは日本人にとってなじみの深い調味料ですが、もともとは中国から伝わった「醤(ひしお)」が起源だと言われています。古代の「醤(ひしお)」は魚や肉、大豆などにこうじと塩を加えて熟成し発酵させたもので、当時はそのまま食べたり、調味料に使われたりしていたそうです。

みそが日本に伝わってきた頃は、貴族や寺院などで提供される貴重で高価な食品だったそうです。室町時代には庶民の間にも広まり、今では「信州みそ」や「仙台みそ」など、その地域の気候や原料の配合、製法によってさまざまなみそが作られていますね。

みそ味のおかずをご紹介!

ここからは、クイズの答えにちなんで、みそを使った絶品おかずレシピをご紹介します。大根の甘辛みそ焼きや鮭とコーンのみそバターホイル焼きなど、コク旨な味わいがクセになるみそ味のおかずメニューをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね!

1.大根の甘辛みそ焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

コク旨なピリ辛味のみそをからめた、大根の甘辛みそ焼きをご紹介します。一味唐辛子やみりんのまろやかさが加わった甘辛みそは、こんがり炒めた大根と相性ぴったり!ごはんだけでなく、お酒のおつまみにもよく合いますよ。合わせ調味料を加えて炒めるだけの簡単レシピなので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 大根・・・200g

-----調味料-----

  • みりん・・・大さじ2
  • みそ・・・大さじ1.5
  • 料理酒・・・大さじ1
  • 一味唐辛子・・・小さじ1/2
  • サラダ油・・・大さじ1
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

準備.大根は皮を剥いておきます。
1.大根は、1cm幅の半月切りにします。
2.ボウルに調味料の材料を入れ混ぜ合わせます。
3.フライパンを中火で熱し、サラダ油、1を入れ炒めます。
4.大根が半透明になり、火が通ったら2を入れ炒め合わせます。
5.大根に味が染み込んだら器に盛り付けて、小ねぎを散らして出来上がりです。

2.鮭とコーンのみそバターホイル焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

アルミホイルに包んで焼くだけの、鮭とコーンのみそバターホイル焼きはいかがでしょうか。濃厚なコクのみそバターと旨みたっぷりの鮭が絶妙にマッチした一品です。身がふっくらとした鮭に、甘みのあるコーンやシャキシャキとしたもやしの食感がアクセントになって、最後まで飽きずに召し上がれますよ。とっても簡単に作れて、お箸が止まらなくなるおいしさです!ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 鮭 (切り身)・・・2切れ
  • もやし・・・70g
  • コーン (缶詰)・・・50g
  • (A)みそ・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • 有塩バター・・・10g
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

準備.コーンは、水気を切っておきます。 有塩バターは、常温に戻しておきます。
1.ボウルに、(A)を入れ混ぜます。
2.天板にアルミホイルを敷き、もやし、鮭、コーン、1、有塩バターの順にのせます。
3.アルミホイルを閉じて包み、オーブントースターで10分程鮭に火が通るまで焼きます。
4.器にのせてアルミホイルを開き、小ねぎを散らして完成です。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W200℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

※アルミホイルが熱源に直接触れると溶けてしまう恐れがあります。熱源に触れないようご注意ください。

3.ごま味噌肉野菜炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ジューシーな豚肉と野菜の甘みが楽しめる、ごま味噌肉野菜炒めをご紹介します。ごま油とすりごま入りのコク旨なみその風味が食欲をそそり、思わずごはんをかきこみたくなるおいしさですよ。冷蔵庫によく常備している野菜を入れてさっと作れるのもうれしいポイント。ボリューム満点な一品が簡単に作れますので、ぜひトライしてみてくださいね。

材料(2人前)

  • 豚こま切れ肉・・・150g
  • キャベツ・・・150g
  • しめじ・・・50g
  • 玉ねぎ・・・50g
  • にんじん・・・30g
  • (A)みそ・・・大さじ1
  • (A)白すりごま・・・大さじ1
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ2
  • ごま油・・・大さじ1

作り方

準備.にんじんの皮は剥いておきます。 しめじの石づきは切り落としておきます。
1.キャベツは一口大のざく切りにします。玉ねぎは薄切りにします。にんじんは短冊切りにします。しめじは手で軽くほぐします。
2.ボウルに(A)を混ぜ合わせます。
3.熱したフライパンにごま油をひき、豚こま切れ肉を中火で炒めます。火が通ったら1を加えて中火で炒めます。
4.キャベツがしんなりしたら2を加え中火で炒め、味が馴染んだら火から下ろします。
5.お皿に盛り付けたら完成です。

おかずの味つけに「みそ」を取り入れてみよう!

いかがでしたか?今回は画像なぞときと、みそを使った絶品おかずレシピをご紹介しました。みそを入れるとコクや旨みが増し、どこかほっとするような味つけにもなりますよ。ぜひ今回のレシピを参考にして、みそを使ったおかずを献立に取り入れてみてくださいね!

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ