2021.3.2

豚ヒレの選び方と栄養素|買い物で役立つ基本の「き」

豚肉の中で最も繊細で柔らかな部位「豚ヒレ」。一頭の豚から取れる量は全体の約2%という、とても希少な高級部位です。

その上、エネルギー代謝に必要不可欠な「ビタミンB1」をはじめ、たんぱく質やミネラル分などエネルギーの源となる重要な栄養素にも恵まれています。

そこで今回は、豚ヒレに含まれる栄養素やおいしい豚ヒレの選び方、おすすめレシピなどをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

希少価値の高いお肉「豚ヒレ」!繊細で柔らかい食感が人気

豚ヒレは、豚の背中肉であるロースの内側にあるお肉で、一頭の豚から取れる量は全体の約2%という、とても希少な高級部位です。

そんな豚ヒレの最大の特徴はなんといっても、ジューシーで柔らかい肉質。脂肪分が少ない赤身部分でありながらも水分量が多くキメ細やかなので、じゅわっと繊細な食感を楽しむことが出来ます。

さらに、ロースやサーロイン、バラ肉などなどに比べて脂肪分が少なく、カロリーが低いところも魅力的です。脂っこくなく、あっさりとしているので、脂身が苦手な方にもおすすめですよ。

脂が少ない分、火を通し過ぎると固くなります。長時間加熱する煮込み料理などよりもカツやステーキ、炒めものなどに向いています。

主要な栄養素はこちら

豚ヒレ100gに含まれる主な栄養素は、以下の通りです。

・エネルギー 130kcal

・たんぱく質 22.2g

・脂質 3.7g

・カリウム 430mg

・鉄 0.9mg

・ビタミンB1 1.32mg

※参考:文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」

エネルギー代謝に欠かせない栄養素「ビタミンB1」も豊富

豚ヒレに含まれる栄養素で最も注目すべきなのが「ビタミンB1」です。

そもそも豚肉は、エネルギー代謝に必要不可欠な「ビタミンB1」の含有量が豊富で、その量はなんと牛肉の約10倍! そんな豚肉の中でも、豚ヒレ部分は特に多くのビタミンB1に恵まれています。

他にもカリウムや鉄など、私たちの身体に欠かせないミネラル類もバランスよく含んでいます。また、豚肉の他の部位に比べて脂肪分が少なく、カロリーが低いことも特徴です。

ここからは、特に注目したい以下3つの栄養素について解説していきます。

■ビタミンB1

ビタミンB1は、微量でも健康な身体づくりは欠かせない栄養素です。糖質をエネルギーに変換したり、脳神経系が正常に作用するよう働きかけます。不足した場合、糖代謝や脳の働きに支障が生じ、だるい、精神が不安定になってイライラする、集中力が続かないといった夏バテのような症状に陥ります。

■脂質

脂質は、炭水化物、たんぱく質と並ぶ三大栄養素のひとつです。身体の主要なエネルギー源として、細胞膜を構成する成分やホルモンの材料となって働きます。

ちなみに、豚肉の脂質には善玉コレステロールはそのままに、悪玉コレステロールのみを減らす「オレイン酸」も含まれています。

ですが、摂り過ぎると肥満の原因にもなるので、バランスよく摂取しましょう。

■カリウム

カリウムは、身体に不可欠なミネラルのひとつで、主に細胞内に存在しています。余分なナトリウムを排出し、摂り過ぎた塩分を調節する働きがあります。むくみが気になる方にも重要な成分のひとつです。

人気のカテゴリ