2022.6.20

日本が「緑茶」をいちばん輸出している国はどこ?3位はドイツ、2位は台湾、気になる1位は…

夏の暑い日には、ひんやり冷たい「緑茶」がおいしいですよね。すっきりとした深みのある味わいが特徴ですが、そんな緑茶を日本が一番輸出している国はどこでしょうか?ぜひ考えてみてくださいね。答え合わせのあとは、緑茶と一緒に食べたくなる、あんこを使った和スイーツレシピをご紹介しますよ。ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

ランキングの発表!

それではランキングの発表です!このランキングは、財務省の調査を参考にしました。年間の緑茶の輸出量を比べています。1位の国はどこか、ぜひみなさんも予想してみてくださいね。

5位・・・マレーシア 217,875 kg

4位・・・シンガポール 239,568 kg

3位・・・ドイツ 307,161 kg

2位・・・台湾 1,406,559 kg

気になる第1位は...。

1位・・・アメリカ合衆国 1,940,937kg

1位はアメリカでした!2位の台湾とは50万kgの差で、この2国がほかの国を大きく引き離しています。2位にランクインしている台湾は「お茶を楽しむ」国というイメージがありますよね。

お茶には緑茶以外にも、ウーロン茶や紅茶がありますが、これらはすべて同じ「カメリアシネンシス」という樹の葉からできています。ではどうしてあれほど香りや味が違うかというと、発酵の度合いが違うからなんです。緑茶は不発酵茶で、鮮やかなグリーンの色をしています。発酵が進むにつれて、どんどん色が濃くなるんだそうですよ。

[出典]「 品目別貿易実績 緑茶(2020年)」(財務省)
(https://www.customs.go.jp/toukei/info/)
このランキングは、財務省の調査を参考に作成しました。日本の年間緑茶輸出量を比べています。

緑茶にピッタリな和スイーツレシピをご紹介!

一口飲めばほっと一息できる緑茶には、やさしい甘さのあんこのおやつを組み合わせることも多いですよね。ここからは、あんこを使った和スイーツレシピをご紹介します。カステラを使った簡単あんこといちごのサンドや、少ない材料で作れるこしあんクッキーなど、和テイストのおいしいスイーツをピックアップしました。簡単に作れるレシピばかりなので、必見ですよ!

1.簡単和スイーツカステラいちごサンド

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ふわふわ食感がおいしい、簡単和スイーツカステラいちごサンドをご紹介します。しっとりとしたこしあんに、なめらかな生クリームがマッチして手が止まらないおいしさです。市販のカステラを使えば、とても簡単に作ることができますよ。思い立ったらすぐに作れる一品ですので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • カステラ (17cm×5cm)・・・3切れ
  • こしあん・・・30g
  • 水・・・小さじ1
  • いちご・・・4個
  • 生クリーム・・・50ml
  • グラニュー糖・・・5g
  • ミント・・適量

作り方

1.いちごはヘタを切り落とし4等分の薄切りにします。
2.カステラは長さが半分になるように切ります。
3.ボウルにこしあんと水を入れ、混ぜ合わせます。
4.別のボウルに生クリーム、グラニュー糖を入れ泡立て器で8分立てにします。
5.2に3を塗り、2を重ね、4と1の1個分をのせ2をのせます。その上に4を少量と1の1個分をのせます。これをもうひとつ作り、皿に盛り付け、ミントを乗せて出来上がりです。

2.抹茶あんこマフィン

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ミニサイズで食べやすい、抹茶あんこマフィンはいかがでしょうか。抹茶のほろ苦さとあんこの甘みが口の中で広がり、思わずやみつきになるおいしさです。ふんわりとした生地と食べ応えのあるつぶあんのコントラストが楽しく、どんどん食べ進められますよ。ぜひおやつレシピのレパートリーに加えてみてくださいね!

材料(12個分(直径3.5cm×高さ2cmのマフィン型))

-----粉類-----

  • 薄力粉・・・80g
  • アーモンドプードル・・・20g
  • 抹茶パウダー・・・大さじ1
  • ベーキングパウダー・・・3g
  • 卵 (Mサイズ)・・・2個
  • グラニュー糖・・・80g
  • 溶かし無塩バター・・・100g
  • つぶあん・・・100g

作り方

準備.卵は常温に戻しておきます。オーブンは170℃に予熱しておきます。
1.ボウルに卵を割り入れ、グラニュー糖を加え、泡立て器で混ぜ合わせます。
2.粉類をふるい入れ、粉っぽさがなくなるまでゴムベラで切るように混ぜ合わせます。
3.溶かし無塩バターを加え、ゴムベラで混ぜ合わせます。
4.グラシン紙を敷いた型に半量の3を入れ、つぶあんを入れ、残りの3を入れます。
5.竹串を刺して生地が付かなくなるまで170℃のオーブンで30分焼きます。
6.粗熱が取れたら型から外して完成です。

人気のカテゴリ