2022.5.16

【漢字クイズ】「水雲」“みずくも”と書いてなんと読む?気になる正解は…

「水雲」という漢字、なんと読むかわかりますか?ぬめりがあるのが特徴の、あの食べ物ですよ。答え合わせのあとには、正解の食べ物を使ったおすすめレシピもご紹介します。簡単にお作りいただけるスープや沖縄風のお好み焼きなど、絶品のレシピばかりなので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

この漢字の読み方は...?

正解は「もずく」でした!

もずくは古くから全国各地で食用されてきた、海藻の仲間です。独特のぬめりとやわらかさを持つもずくは、数多くある海藻の中でも人気ですよね。

そんな「もずく」の名前は、ほかの海藻にくっついて育つ「藻付く」に由来しているといわれています。その説の通り、もずくはホンダワラなどの海藻やサンゴ礁の枝で養生されているんですよ。また「水雲」という漢字は、海中でゆっくりと揺らいでいる姿が、まるで雲のように見えることからきているともいわれています。

もずくを使った絶品レシピをご紹介!

ここからは、もずくを使って簡単にできる絶品レシピをご紹介します。もずく独特のとろみがおいしい中華風スープや、「ヒラヤーチー」という沖縄風のお好み焼きなど、どれももずくのおいしさを生かしたおいしいレシピばかりです。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.簡単 もずくと豆腐の中華スープ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

パパッと簡単にお作りいただける、もずくと豆腐の中華スープのレシピをご紹介します。酢の物にして食べられることの多いもずくですが、汁物にするとトロっとした食感がマッチしてとってもおいしいんですよ。さわやかな生姜とごま油が香る中華風の味わいに、食欲をそそられます。お好みできのこ類や長ねぎなどを加えてもおいしいので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 木綿豆腐・・・120g
  • もずく (味無し)・・・100g
  • (A)水・・・500ml
  • (A)中華スープの素・・・小さじ2
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ1/2
  • (A)塩・・・ひとつまみ
  • (A)黒こしょう・・・ひとつまみ
  • ごま油・・・小さじ1
  • 白いりごま (仕上げ用)・・・適量

作り方

準備.もずくは洗い、水気を切っておきます。
1.木綿豆腐は、1cmの角切りにします。
2.鍋に(A)を入れ中火にかけます。
3.沸騰したら弱火にし、もずく、1を入れひと煮立ちさせます。ごま油を入れ混ぜ、火から下ろします。
4.器に盛り付け、白いりごまを散らして完成です。

2.長芋もずく酢

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

市販の味付もずくにちょい足しして、さっぱりとした和え物を作ってみませんか?シャキシャキ食感の長芋とさわやかな香りの大葉をプラスするだけで、副菜にもおつまみにもぴったりの一品ができますよ。もずくだけではボリュームが足りないと感じるときにもおすすめ。とっても簡単なので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 長芋・・・100g
  • もずく (味付)・・・80g
  • 大葉・・・1枚
  • しょうゆ・・・大さじ1/3

作り方

1.長芋を1cm角に切ります。大葉は軸を切り、5mm幅に切ります。
2.ボウルに1、もずく、しょうゆを入れて混ぜます。
3.器に盛り付け、完成です。

人気のカテゴリ