最終更新日 2021.11.27

野菜は1種類のみ!いろんな味つけにあう“キャベツだけ”で作る副菜レシピ3選

冷蔵庫に野菜があまりない!という日のごはん作りは大変。野菜1種類だけでも作れるおいしいおかずを知っていると、とっても便利ですよね。

そこで今回は、具材がキャベツだけの「副菜」レシピをご紹介します。旨みたっぷりの塩昆布おかか和えや、甘じょっぱいマヨネーズソースがクセになるコールスロー風サラダなど、何度も食べたくなる絶品レシピを集めました。すべて時短で作れて忙しいときにもピッタリのレシピなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.塩昆布でやみつきキャベツ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

やみつきになること間違いなし!キャベツの塩昆布おかか和えのご紹介です。千切りにしたキャベツを電子レンジで加熱して、塩昆布やかつお節、調味料を加えて混ぜるだけの簡単レシピ!塩昆布の旨みやしょっぱさがキャベツによく絡み、ついつい箸が止まらないおいしさです。かつお節やごま油、すりおろしニンニクなどの風味がよく、食欲がそそられますよ。時短で簡単にお作りいただけるので、あと一品ほしいときにもぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • キャベツ・・・400g
  • 塩・・・小さじ1/4
  • 塩昆布・・・15g
  • かつお節・・・4g
  • (A)ごま油・・・大さじ2
  • (A)白いりごま・・・大さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2

作り方

1.キャベツは千切りにします。
2.耐熱ボウルに1を入れて塩をふり、ふんわりとラップをかけ、しんなりするまで600Wの電子レンジで2分30秒程加熱し、粗熱が取れたら水気を絞ります。
3.塩昆布、かつお節、(A)を入れて混ぜ、器に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

2.レンジで簡単 キャベツのおかかマヨ和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

電子レンジで簡単に作れる、キャベツのおかかマヨ和えはいかがですか。電子レンジで加熱したキャベツをマヨネーズとしょうゆで味つけし、刻みのりをふりかけていただきます。マヨしょうゆのまったりとした味わいにかつお節の旨みがマッチして、何度でも食べたくなるおいしさですよ。洗い物も少なくお手軽なレシピなので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • キャベツ・・・1/4個
  • 塩・・・少々
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ2
  • (A)かつお節・・・2g
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • のり (刻み)・・・適量

作り方

1.キャベツは芯を切り落として手で一口大にちぎります。
2.耐熱容器に1と塩を入れてラップをかけ、600Wの電子レンジで3分加熱します。水気を切り、粗熱を取ります。
3.ボウルに2と(A)を入れてよく和えます。
4.器に盛り付け、のりをかけて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

3.大量消費 キャベツだけのコールスロー風サラダ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

キャベツを大量消費できる、コールスロー風のサラダを作ってみましょう!塩もみしたキャベツにマヨネーズや酢、砂糖を加えてまろやかな味わいに仕上げました。酸味の効いたマヨネーズソースにシャキシャキとした食感のキャベツが絡み、やみつきになるおいしさですよ。塩もみしたキャベツの水気をよく絞るのが味をしっかり決めるポイントです!ぜひ試してみてくださいね。

材料(2人前)

  • キャベツ・・・250g
  • 塩 (塩もみ用)・・・小さじ1/2
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ2
  • (A)酢・・・大さじ1/2
  • (A)砂糖・・・小さじ1

作り方

1.キャベツは長さを半分に切り、5mm幅に切ります。
2.ボウルに1、塩を入れ、手でよく揉みこみます。ラップをかけて10分程おき、水気を絞ります。
3.別のボウルに(A)を入れ、よく混ぜ合わせます。
4.2を入れ、全体に味がなじむまでよく混ぜ合わせ、器に盛り付けて完成です。

キャベツひとつでお手軽にもう一品!

いかがでしたか。今回は、キャベツだけを使った副菜のレシピをご紹介しました。キャベツは和・洋・中問わずさまざまな味つけに合うので、キャベツさえあれば副菜に困ることはありません!どのレシピもお手軽に作れるので、ぜひ毎日の献立の参考にしてみてくださいね。

人気のカテゴリ