2021.12.8

「これ読めますか?」刺身でも火を通しても絶品のあの魚!気になる正解と鮮度の見分け方も

「魬」この漢字はなんと読むかわかりますか?煮ても焼いてもおいしいこの食材は、きっと大好きな方も多いはず。

答え合わせのあとは、魬を使った絶品レシピをご紹介します。王道レシピから、洋風で華やかなレシピまでバラエティ豊かにピックアップしています。ぜひチェックしてみてくださいね。

漢字に「魚」がついているのが大ヒント!この漢字の読み方は...?

実はこちら「ハマチ」と読みます!

出世魚で有名なブリの幼魚で、成長過程で一定の大きさまで育つとハマチと呼ばれるようになります。スーパーなどに出回るハマチは養殖のものが多く、一年を通しておいしく食べられるのも魅力のひとつ。刺身で食べても火を通しても絶品のハマチは、多くの人に愛されているお魚です。

スーパーで切り身や刺身用を買う方が多いかと思いますが、せっかくなら鮮度の見分け方も知っておきたいところです。ハマチは切り身の表面にツヤがあって、血合いの色が鮮やかな紅色なのが鮮度のいい証拠ですよ。

「魬」を使ったレシピをご紹介!

ここからは簡単にお作りいただけるハマチのレシピをご紹介します。王道の照り焼きやごまが香るハマチ丼、パーティーメニューにもぴったりのカルパッチョなど、ハマチのおいしさを存分に味わえる絶品レシピをピックアップしました。ぜひ作ってみてくださいね。

1.こってり ハマチの照り焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

こってりとした甘辛いタレがおいしい、ハマチの照り焼きをご紹介します。脂ののったハマチにタレがよく絡み、たまらないおいしさです。ごはんが進む味つけで、大人にも子どもにも喜ばれること間違いなし!ハマチにタレを煮絡めるときは、焦げないように弱火に落としてくださいね。今夜のおかずに、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

材料(2人前)

  • ハマチ (切り身)・・・2切れ
  • 塩・・・少々
  • 薄力粉 (まぶす用)・・・小さじ1
  • (A)しょうゆ・・・大さじ2
  • (A)酒・・・大さじ2
  • (A)みりん・・・大さじ2
  • (A)砂糖・・・大さじ1
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ1/2
  • サラダ油・・・小さじ1
  • 長ねぎ・・・30g
  • 水 (さらす用)・・・200ml

作り方

1.ハマチは塩を振り10分程置いてキッチンペーパーで水分を拭き取ります。
2.長ねぎは白い部分を千切りにして白髪ねぎをつくり、10分程水にさらし、水気を切っておきます。 中の芯もとっておきます。
3.1の両面に薄力粉を振りかけます。
4.中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、3を両面それぞれ2分程、軽く焼き色がつくまで焼きます。
5.弱火におとし、長ねぎの芯と(A)を加え、中火に戻してとろみが付くまで煮絡めます。
6.お皿に盛り付け、たれを掛け白髪ねぎを飾って完成です。

2.絶品 ごまハマチ丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

九州の郷土料理「ごま鯖」を、ハマチでアレンジしたレシピです。しょうゆやみりん、ごまなどを合わせたタレがハマチの旨みとよく合い、味わい深い一品ですよ。香ばしいごまの香りが食欲をそそります。大葉がさわやかで、最後まで飽きることなく食べられますよ。お家によくある調味料で簡単に作れるので、ぜひ試してみてくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん (温かいもの)・・・200g
  • ハマチ (刺身用)・・・100g
  • (A)しょうゆ・・・大さじ2
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)白いりごま・・・大さじ1
  • 大葉・・・2枚

-----トッピング-----

  • のり (刻み)・・・適量

作り方

準備.みりん、料理酒は、加熱を行いアルコールを飛ばし粗熱をとっておきます。
1.大葉は軸を切り落とし、5mm幅に切ります。
2.ハマチは5mm幅に切ります。
3.ポリ袋に(A)と2を入れ、軽く揉んで馴染ませ、冷蔵庫で1時間程置きます。
4.器にごはんを盛り付け、3と1を乗せます。
5.のりを振って完成です。

人気のカテゴリ