2022.7.29

【あるなしクイズ】“もなか”にあって“だいふく”にないものなーんだ?気になる正解は…

あるなしクイズです!もなかは「ある」、だいふくは「なし」、にんきは「ある」、ひょうばんは「なし」…。あるとなしの違いを見つけてくださいね。ひらがなで表示されている言葉を漢字に変換してみると、きっと正解がわかりますよ。答え合わせのあとには、クイズにちなんで和菓子の簡単レシピをご紹介します。ぜひ最後まで楽しんでくださいね。

【食べ物なぞとき】さっそく解いてみましょう!

Q. 「ある」と「なし」の違いは何ですか?

<ある>   <なし>

もなか    だいふく

にんき    ひょうばん

いちば    てんぽ

ひらがなで書かれている言葉を漢字に変換してみてください。それから「ある」の言葉を読んでみると、きっと答えがわかりますよ!

それでは正解発表です!「ある」に共通することとは…?

「漢字に変換すると別の意味になる読み方ができる」ということ!

「もなか=最中=さいちゅう」、「にんき=人気=ひとけ」、「いちば=市場=しじょう」。漢字に変換してみると、別の意味になる読み方ができますね。

簡単にできる和菓子のレシピをご紹介!

さてここからは問題に出てきた最中や大福にちなんで、おうちで簡単にお作りいただける和菓子のレシピをご紹介します。電子レンジを使った抹茶ういろうや、お子様も喜ぶいちご大福など、どれも気軽にお作りいただける和菓子レシピばかりです。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.もちもちレンジで簡単抹茶ういろう

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

もちもちの食感がクセになる、電子レンジでお作りいただける抹茶ういろうのレシピをご紹介します。抹茶の香りが絶妙で、お好みで黒蜜やあんこ、きな粉をかけて召し上がるのもおすすめです!ういろうは作ったことがないという方が多いかもしれませんが、おうちにある材料で簡単にお作りいただけます。ぜひお試しくださいね。

材料(6個分)

-----粉類-----

  • 薄力粉・・・45g
  • 砂糖・・・50g
  • 抹茶パウダー・・・5g
  • 水・・・130ml

作り方

1.ボウルに粉類をふるい入れます。
2.少量ずつ水を加えて混ぜ、ダマができないように泡立て器で混ぜ合わせます。
3.耐熱容器に2を濾し入れます。
4.ラップをかけずに500Wの電子レンジで3分加熱します。一度取り出して、生地が少し固まるまでさらに500Wの電子レンジで2分ほど加熱します。
5.表面が乾いて固まったら取り出し、粗熱を取り、冷蔵庫で20分ほど冷やします。水で濡らした包丁で切り分け、お皿に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ