2022.3.29

【ランキング】トマトを世界で1番作っている国はどこ?3位はトルコ、2位はインド、ダントツで1位なのは…

さわやかな酸味と甘みが味わえるトマトは、サラダや和えものにぴったりの食材ですよね!そんなトマトの生産量が一番多い国はどこか分かりますか?

今回は、トマトの生産量が多い国をランキングで発表します。クイズのあとはトマトを使ったサラダレシピもご紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ランキングの発表!

それでは発表です!このランキングはFAOの調査を参考に作成しました。年間のトマト生産量を比べています。どの国がランキングに入っているでしょうか?ぜひ予想して、1位を当ててみてくださいね!

​​第5位・・・エジプト 6,731,220 t

第4位・・・アメリカ 12,227,402 t

第3位・・・トルコ 13,204,015 t

第2位・・・インド 20,573,000 t

気になる第1位は...。

第1位・・・中国 64,768,158 t

1位は2位に大差をつけて「中国」でした!

トマトの生育には、水はけのよい土壌と長い日照時間、昼と夜の適度な寒暖差が必要です。トマトは、雨が少なく乾燥した気候であるアンデス山脈からメキシコのあたりが原産地だと言われています。

トマトは世界各地で広く食べられている野菜です。イタリアでは「トマトを使わない料理を探すほうが難しい」と言われるくらい、さまざまな料理にトマトが使われています。またスペインの西部地方ではサラダや炒めもの、ソースやスープなどにして食べられています。一方、ポルトガルではトマトは生で食べるのが主流で、加工製品はほとんど流通していないんだとか。国によってトマトの食べ方にこんなに違いがあるんですね。

[出典]FAOST, Countries by commodity, Top 20 Country Production of Tomatoes, 2020

おすすめレシピをご紹介!

ここからは、クイズにちなんでトマトを使ったサラダレシピをご紹介します。ニラ入りのタレでトマトを和えた和えものやカルパッチョサラダなど、さわやかなトマトの酸味と甘みを味わえるレシピを集めました。簡単にお作りいただけるので、ぜひお試しくださいね。

1.やみつき トマトのニラ旨ダレ和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

今日の献立の一品に、ニラ入りのタレでトマトを和えたサラダはいかがですか。ごま油を効かせた風味豊かなタレが、ジューシーなトマトになじんで、思わず箸が止まらなくなるおいしさです!トマトを切ってタレで和えるだけと簡単なので、時間のないときの副菜づくりにぴったりですよ。ごはんのおかずとしてだけでなく、お酒のおつまみとしてもおすすめです。

材料(2人前)

  • トマト・・・1個
  • ニラ・・・20g
  • (A)しょうゆ・・・小さじ2
  • (A)ごま油・・・小さじ2
  • (A)酢・・・小さじ1
  • (A)白いりごま・・・小さじ1
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ1/2
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2

作り方

準備.トマトはヘタを取り除いておきます。
1.トマトは一口大に切ります。ニラは5mm幅に切ります。
2.ボウルに1、(A)を入れ、全体に味がなじむように和えます。
3.器に盛り付けたら出来上がりです。

人気のカテゴリ