2022.2.3

「若布」読めますか?身近な食べ物の知らなかった漢字表記!気になる正解は…

「若布」この漢字はなんと読むかわかりますか?使い勝手抜群で、さまざまな料理で大活躍するあの食材ですよ!答え合わせのあとは、「若布」を使ったおすすめレシピをご紹介します。あるとうれしいシンプルな酢の物や、寒い季節にぴったりのあったかスープなど、覚えておくと重宝するレシピをピックアップしています。ぜひチェックしてみてくださいね。

この漢字の読み方は...?

この漢字の読み方は、「わかめ」でした!

わかめは海藻の一種で、日本では古くから食べられている食材です。生のままだと傷みやすいため、塩漬けや乾燥など、加工して出荷されています。ご家庭では、長期間保存のきく乾燥わかめが使い勝手がよくおすすめですよ。

わかめといえば、定番のおみそ汁が思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。わかめはくせがなく、さまざまな食材や味つけと相性がよい万能食材!バリエーション豊かなアレンジで、飽きずにおいしく食べることができますよ。

「若布」を使ったレシピをご紹介!

ここからは、簡単にお作りいただけるわかめのレシピをご紹介します。きゅうりとわかめが相性抜群な酢の物や、ごま油が香るわかめスープなど、覚えておくと重宝する便利なレシピをピックアップしました。ぜひ作ってみてくださいね。

1.あると嬉しい!シンプルなきゅうりとワカメの酢の物

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

あと一品ほしいときに大活躍!きゅうりとわかめの酢の物はいかがでしょうか。さっぱりとしていて、ごはんのおかずにはもちろん、箸休めやお酒のおつまみにもおすすめの一品です。シンプルですが、ほんのり甘みのある合わせ酢がとてもよくマッチしていて、あとを引くおいしさですよ。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • きゅうり・・・1本
  • 塩・・・小さじ1/4
  • わかめ (乾燥)・・・2g
  • 水・・・300ml
  • (A)砂糖・・・小さじ2
  • (A)酢・・・大さじ1
  • 塩・・・小さじ1/4
  • 白いりごま・・・適量

作り方

1.きゅうりはスライサーで薄切りにして、塩を加えて揉みこみます。10分ほど置き、流水で洗い、水気を絞ります。
2.わかめはパッケージの表記通りに水で戻し、水気を切ります。
3.ボウルに(A)を入れて混ぜます。
4.別のボウルに1、2、3を入れて和えます。
5.塩で味を調え、器に盛り付け、白ごまをかけて完成です。

2.ごま油香る 中華風わかめスープ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ほっとするおいしさの、中華風わかめスープのレシピをご紹介します。わかめのほどよい塩味と、玉ねぎのやさしい甘みが相性抜群で、とてもおいしいですよ。最後にごま油を回しかけ、白いりごまを散らすことで、風味豊かに仕上がります。お鍋一つであっという間に完成するので、覚えておくといざというときに助かりますよ。ぜひレパートリーに加えてみてくださいね。

材料(2人前)

  • 乾燥わかめ・・・2g
  • 玉ねぎ・・・1/2個
  • 水・・・400ml
  • コンソメ顆粒・・・小さじ2
  • ごま油・・・小さじ1
  • 白いりごま・・・小さじ1

作り方

準備.乾燥わかめは、たっぷりの水で戻し、水気を切っておきます。 玉ねぎは皮を剥いておきます。
1.玉ねぎは薄切りにします。
2.鍋に水、コンソメ顆粒を入れて中火にかけます。
3.2の水が沸騰したら玉ねぎを加えます。ひと煮立ちしたらわかめを加えて火を止めます。
4.器に3を注ぎ、ごま油を回しかけ、白いりごまを振ったら完成です。

人気のカテゴリ