最終更新日 2022.8.3

「包丁とまな板いりません!」お疲れの日にも助かる“時短おかず”レシピ5選

冷蔵庫から出した食材をパパッと調理できるメニューなら、おかず作りも気楽にできますよね。そこで、今回は包丁とまな板を使わなくても作れる「時短おかず」のレシピをご紹介します。ウインナーと大豆のトマトチーズ煮やエリンギのバター醤油ホイル焼きなどをピックアップ!コク旨なレシピですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.豚肉とキャベツのみそ炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ごはんがすすむ!豚肉とキャベツのみそ炒めをご紹介します。みそと砂糖の甘辛い味つけに、ニンニクの風味を効かせて飽きのこない味わいに仕上げました。しんなりと炒めて甘みの引き立ったキャベツとジューシーな豚肉は相性抜群!お料理初心者の方にも挑戦していただきやすい炒め物です。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 豚こま切れ肉・・・200g
  • キャベツ (200g)・・・1/4個
  • (A)料理酒・・・大さじ2
  • (A)みそ・・・大さじ1
  • (A)砂糖・・・小さじ2
  • (A)しょうゆ・・・小さじ2
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • ごま油・・・大さじ1

作り方
1.キャベツは手で一口大にちぎります。
2.ボウルに(A)を入れて混ぜ合わせます。
3.中火で熱したフライパンにごま油、すりおろしニンニクを入れ、ニンニクの香りが立ったら豚こま切れ肉を入れて炒めます。
4.豚こま切れ肉に火が通ったら1、2を加え、中火でキャベツがしんなりするまで炒め、火から下ろします。
5.お皿に盛りつけて完成です。

2.包丁いらず ウインナーと大豆のトマトチーズ煮

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ボリューム満点のメイン料理、ウインナーと大豆のトマトチーズ煮のレシピです。ウインナーと大豆の水煮、ホールトマト缶とすべてそのまま鍋に入れられる食材を使うので、包丁いらずでとっても簡単!ピザ用チーズのコクが合わさって、食べ応えも抜群ですよ。乾燥バジルの風味もプラスされ、洋風のおかずとしてはもちろん、お酒のおつまみにもおすすめの一品です。

材料(2人前)

  • ウインナー・・・8本
  • 大豆の水煮 (正味量)・・・100g
  • ホールトマト缶・・・200g
  • (A)コンソメ顆粒・・・大さじ1/2
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1/2
  • (A)塩こしょう・・・ひとつまみ
  • ピザ用チーズ・・・50g

-----トッピング-----

  • バジル (乾燥)・・・適量

作り方
1.鍋にホールトマト缶、(A)を入れ、木べらでトマトを潰しながら中火で加熱します。
2.ウインナー、大豆の水煮を加え中火で加熱し、ひと煮立ちしたら蓋をして7分程煮込みます。
3.ウインナーに火が通ったら蓋を開けピザ用チーズをのせます。再度蓋をして中火で1分程加熱し、チーズがとろけたら火から下ろします。
4.器に盛り付け、バジルをかけて完成です。

3.レンジでかんたん 包丁いらずのツナじゃが

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

包丁、まな板、火も使わない簡単調理!ツナじゃがのご紹介です。電子レンジでやわらかくしたじゃがいもにツナ油漬けと塩昆布を和えて再度加熱することで、旨味がしっかりとじゃがいもに染みてとってもおいしいですよ。ボウルひとつで作れて、後片付けも簡単なのがうれしいポイント。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • じゃがいも (計200g)・・・2個
  • ツナ油漬け (正味量70g)・・・1缶
  • 塩昆布 (10g)・・・大さじ2

作り方
準備.じゃがいもは皮をむき、芽を取り除いておきます。
1.耐熱ボウルにじゃがいもを入れ、水で濡らしたキッチンペーパーをかけ、ふんわりとラップをし600Wの電子レンジで5分程、やわらかくなるまで加熱します。
2.ラップ、キッチンペーパーを外し、じゃがいもをフォークで一口大に崩します。ツナ油漬け、塩昆布を加えて混ぜ合わせ、ふんわりとラップをし600Wの電子レンジで1分加熱します。
3.器に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ