2022.7.11

“焼酎”をいちばん買っている都市は?3位は北九州市、2位は鹿児島市、気になる1位は…

ロックや水割り、チューハイなどいろいろな飲み方で男女問わず人気の「焼酎」。そんな 焼酎の出費が1番多い都市はどこだと思いますか?予想をしてみてくださいね。

答え合わせのあとは、焼酎にあう絶品おつまみのレシピをご紹介しますよ。ぜひ最後までご覧くださいね。

ランキングの発表!

それでは、ランキングの発表です!このランキングは、総務省統計局の調査をもとに作成しました。1世帯当たりの年間焼酎支出金額を比べています。どの都市がランクインしているのでしょうか?ぜひみなさんも予想してみてくださいね!

第5位・・・大分県 大分市 8,463 円

第4位・・・熊本県 熊本市 8.750 円

第3位・・・福岡県 北九州市 9,317 円

第2位・・・鹿児島県 鹿児島市 10,995円

気になる第1位は...。

第1位・・・宮崎県 宮崎市 12,931 円

1位は宮崎市でした!トップ5を見ると、全て九州にある都市がランクインしています。九州には多くの焼酎の製造所がありますよね。

九州は焼酎の原料となる麦やさつまいもなどの農作物も豊富なので、焼酎の製造も盛んに行われています。焼酎は原料によって風味や味わいが異なり、麦焼酎、芋焼酎、そば焼酎、黒糖焼酎など種類も豊富です。飲み比べてみて、お気に入りの焼酎を見つけるのも楽しいですよ。

[出典]「家計調査(二人以上の世帯) 品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市 ランキング(2019年(令和元年)~2021年(令和3年)平均)」(総務省統計局)(https://www.stat.go.jp/data/kakei/5.html)

焼酎によく合うおつまみレシピをご紹介!

お酒を飲むときに欠かせないのがおつまみですよね。ここからは、焼酎に合うおつまみレシピをご紹介します。長芋としらすのわさびマヨ和えや、カリカリ豚と白髪ねぎのピリ辛和えなど、おすすめレシピをピックアップしました。早速チェックしてみてくださいね。

1.焼酎に合う 長芋としらすのわさびマヨ和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

わさびの風味が焼酎のお供にぴったりな、長芋としらすのわさびマヨ和えをご紹介します。長芋のねっとりとした食感ときゅうりの歯ごたえが楽しく、しらすの旨みとマヨネーズのコクで味わい深い一品です。わさびと黒こしょうが全体の味を引き締め、次々と箸が伸びるおいしさですよ。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 長芋・・・300g
  • きゅうり (50g)・・・1/2本
  • しらす干し・・・30g
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ2
  • (A)わさび・・・小さじ1
  • (A)黒こしょう・・・小さじ1/3
  • (A)塩・・・ひとつまみ

作り方

準備.長芋は皮をむいておきます。きゅうりはヘタを切り落としておきます。
1.きゅうりは半分に切り、5mm幅の半月切りにします。
2.長芋は一口大に切ります。
3.耐熱ボウルに入れてラップをかけ、600Wの電子レンジで柔らかくなるまで7分ほど加熱します。
4.熱いうちにフォークで粗くつぶし、粗熱を取ります。
5.1、しらす干し、(A)を加えて混ぜ合わせ、器に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ