2021.11.28

知らないと恥ずかしい⁉︎「鳶に◯◯をさらわれる」言葉の意味と由来も解説

「鳶に◯◯をさらわれる」ことわざのひとつですが、◯◯にはある食べ物が入ります。いったい何でしょうか?ヒントは煮たらジュワっと、焼いたらパリッと!おいしい食感のあの食べ物です。リーズナブルで冷蔵庫にあると便利な食材ですよ。

答え合わせの後は◯◯のおすすめレシピをご紹介します。手軽に作れるレシピをピックアップしたので、ぜひ見てみてくださいね。

聞いたことある気がするけれど...。気になる正解は?

正解は「鳶(とんび)に油揚げをさらわれる」です!

自分の大切にしていたものが不意に横から奪われ、呆然とする様子のこと。ひとたび獲物を見つけると、素早く空から舞い降りて獲物をさらっていく鳶の習性から作られたことわざです。なぜ油揚げかというと、神社のお供え物に油揚げがあり、鳶がそれを奪っていったことから由来しているんだとか。

おすすめの油揚げレシピをご紹介!

油揚げは、汁物や煮物、炒め物などさまざまな料理に使える万能な食材です。今回は、そんな油揚げを使った絶品おかずレシピをご紹介します!すべて20分あれば作れるお手軽なレシピなので、あと一品欲しいときや忙しい日のメニューにもおすすめですよ。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.かぶと油揚げのあっさり煮

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

油揚げに旬のかぶと春菊を組み合わせた、あっさり煮をご紹介します。油揚げに甘めの煮汁が染み込んで、絶品ですよ!とろっとやわらかく煮えたかぶと香りのよい春菊に、油揚げのコクがよく合います。さっと煮るだけで作れるので、覚えておくと重宝するレシピですよ。ほっとやさしい味わいの一品です。ぜひレパートリーに加えてみてくださいね。

材料(2人前)

  • カブ (計350g)・・・4個
  • 油揚げ・・・60g
  • 春菊・・・40g

-----煮汁-----

  • 水・・・200ml
  • 料理酒・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ1
  • 砂糖・・・大さじ1/2
  • 顆粒和風だし・・・小さじ1
  • ごま油・・・大さじ1/2

作り方

準備.カブは皮をむいておきます。
1.カブは6等分のくし切りにします。
2.油揚げは2cm角に切ります。
3.春菊は3cm幅に切ります。
4.中火で熱した鍋にごま油をひき、1を入れ、油がなじむまで炒めます。
5.煮汁の材料を入れて中火でひと煮立ちさせ、2を入れ、カブがやわらかくなるまで蓋をして8分程煮ます。
6.蓋を外し、3を入れて中火で熱し、春菊がしんなりしたら火から下ろします。
7.器に盛り付けて完成です。

2.ビールに合う!豚ひき肉の挟み焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

油揚げに旨みたっぷりの豚ひき肉を詰めて、こんがり焼き上げました。カリカリの油揚げから肉汁がジュワッとあふれて、たまらないおいしさです。七味マヨネーズをつけて食べれば、ピリッとした辛さがやみつきになること間違いなし!お酒のおつまみにおすすめしたい一品です。ニラやキャベツを加えれば、餃子風のアレンジも楽しめますよ。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 油揚げ・・・2枚
  • 豚ひき肉・・・100g
  • 長ねぎ・・・1/2本
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ1
  • (B)マヨネーズ・・・小さじ2
  • (B)七味唐辛子・・・適量

作り方

準備.油揚げに熱湯をかけて油抜きをし、水気を取ります。
1.長ねぎをみじん切りにします。
2.ボウルに豚ひき肉と1と(A)を入れてよく混ぜ4等分にします。
3.油揚げを半分に切り、箸をコロコロと転がしして中を剥がし易くし、2辺をキッチンハサミで切って開きます。
4.3に2をスプーンで塗り、挟みます。
5.中火で熱したフライパンに4を入れ、焼き色が付くまで焼きます。裏返して蓋をし、中に火が通るまで1分程焼き、火から下ろします。
6.斜め半分に切り、お皿に盛り付けます。
7.(B)を小皿に入れ、6に添えて出来上がりです。

人気のカテゴリ