2021.12.18

初心者さんにオススメ!はじめてでも作りやすい“簡単スイーツ”レシピ5選

おやつやおもてなしに、市販のお菓子ももちろんおいしいけれど、手作りのお菓子は格別な魅力がありますよね。ただ、手作りしてみたいけれど、上手にできるか不安…という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、お菓子作り初心者の方にもおすすめの「超簡単スイーツ」のレシピをご紹介します。材料3つだけの食パンラスクや、とってもかわいいリースパイクッキーなど、簡単に作れるレシピをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.レンジで簡単スイーツ 豆乳プリン

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

電子レンジで作れる、豆乳プリンをご紹介します。やさしい甘さのプリンで、最後にかける黒蜜とよく合いクセになるおいしさです。豆乳を使っているのでさっぱりとした味わいを楽しめますが、牛乳で代用してもおいしくお作りいただけます。蒸し器を使わず電子レンジの加熱だけで簡単に作れるので、ぜひお試しくださいね。

材料(4個分)

  • 無調整豆乳・・・200ml
  • 卵・・・2個
  • 砂糖・・・大さじ1
  • バニラエッセンス・・・3滴
  • 黒蜜・・・大さじ2

作り方

1.ボウルに卵を割り入れ、泡が立たないように混ぜます。
2.砂糖とバニラエッセンスを加え、更に混ぜ合わせます。
3.無調整豆乳を静かに加え、混ぜ合わせます。
4.ザルで漉してから、耐熱の器に入れ、ふんわりとラップをします。1個ずつ500Wのレンジで1分10秒加熱します。
5.粗熱を取ってから冷蔵庫で1時間程冷やし、黒蜜をかけて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

2.食パンで簡単ラスク

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

材料3つでとっても簡単!食パンラスクを作ってみましょう。切った食パンをオーブントースターで素焼きしたあと、バターと砂糖をつけてもう一度焼くことで、サクサクの食感に仕上がります。砂糖にシナモンパウダーやココアパウダーを混ぜてからまぶせば、また違った味わいも楽しめますよ。簡単なので、初めてのお菓子作りにもおすすめです。

材料(2人前)

  • 食パン (6枚切)・・・1枚
  • 無塩バター・・・20g
  • 砂糖・・・大さじ1

作り方

1.食パンは5mm幅に切ります。
2.オーブントースターにクッキングシートを敷き、1を並べ、1分30秒ほど焼きます。
3.耐熱ボウルに無塩バターを入れて、500Wの電子レンジで30秒ほど加熱し、溶かします。
4.2の表面に3を塗り、砂糖をかけ、オーブントースターで5分ほど焼きます。
5.サクサクになったら、お皿に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

3.マスカルポーネ不使用!マシュマロ&クリチの濃厚ティラミス

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

マスカルポーネチーズがなくても作れる、濃厚なティラミスはいかがでしょうか。ティラミス作りには通常はマスカルポーネチーズを使いますが、このレシピでは、クリームチーズとマシュマロを使いました。マシュマロを加えて電子レンジで加熱することで、ふんわりと口どけのよい食感に仕上がります。クリームチーズの風味とコーヒーのほろ苦さも相性抜群ですよ。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • マシュマロ・・・80g
  • 牛乳・・・120ml
  • クリームチーズ・・・200g
  • ビスケット・・・4枚
  • (A)インスタントコーヒー・・・大さじ1
  • (A)お湯・・・50ml
  • (A)砂糖・・・大さじ1
  • ココアパウダー・・・適量
  • ミント・・・適量

作り方

1.ボウルに(A)を入れて混ぜ合わせ、ビスケットを5分ほど浸します。
2.大きめの耐熱ボウルにクリームチーズ、マシュマロ、1/3量の牛乳を加え、ラップをかけ、600Wの電子レンジで2分加熱します。
3.よく混ぜ合わせて溶けたら残りの牛乳を加え、さらによく混ぜます。
4.カップに1を入れ、3を半分の高さまで注ぎ、もう1度同じようにくり返します。ラップをかけて冷蔵庫で1時間ほど冷やします。
5.ココアパウダーをかけ、ミントを飾り完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ