2022.7.4

「カツオの漁獲量」一番多い都道府県はどこ?名産地“高知県”を大きく引き離してダントツの1位は…

お刺身にたたきなど、カツオっておいしいですよね。そんなカツオの漁獲量が一番多い都道府県はどこでしょうか?ランキングでご紹介するので、1位はどこか当ててみてください。ランキングの発表のあとには、カツオのおいしいレシピもご紹介するので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

ランキングの発表!

さっそくランキングの発表です。このランキングは、農林水産省の調査を参考に作成しました。年間のカツオ漁獲量を比べています。どこが1位か、当ててみてくださいね。

​​第5位・・・三重県 11,376 t

第4位・・・高知県 13,590 t

第3位・・・宮城県 24,923 t

第2位・・・東京都 29,066 t

気になる第1位は...。

第1位・・・静岡県 58,882 t

第1位は静岡県でした!

静岡県が一番多くカツオが獲れるんですね。カツオのたたきといえば高知県の郷土料理として有名ですが、こちらも生産量は静岡県の方が多いんだそうですよ。

そんなカツオは、足の速い魚だといわれています。新鮮なカツオはマグロに近いくらいの赤色をしていますが、鮮度が落ちてくると茶色っぽく変色するんだとか。鮮度が落ちやすいので、冷凍されたカツオは解凍後、なるべく早く食べるのがおすすめですよ。

[出典]農林水産省 「令和2年海面漁業生産統計調査」 (http://www.machimura.maff.go.jp/machi/ranking/result_item.php)

カツオのおすすめレシピをご紹介!

さてここからは、カツオを使ったおすすめレシピをご紹介していきます。フライパンで気軽にお作りいただけるカツオのたたきや、やみつきになるカツオとアボカドのユッケなど、どれも簡単でおいしいレシピばかり。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.手作りダレで食べるカツオのたたき

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

フライパンで焼くからとってもお手軽!手作りダレで食べるカツオのたたきはいかがでしょうか?ニンニクや生姜をきかせたタレは、レモンの酸味でさっぱりとしていて、たたきがいくらでも食べられそうなおいしさです。カツオは厚めに切って、玉ねぎや小ねぎと一緒にたっぷりと召し上がってくださいね。

材料(2人前)

-----カツオのたたき-----

  • カツオ (皮付き・刺身用・柵)・・・200g
  • 塩・・・少々
  • サラダ油・・・小さじ1/2
  • 氷水 (冷やす用)・・・適量
  • 玉ねぎ・・・1個
  • 塩 (塩もみ用)・・・少々
  • 水 (さらす用)・・・適量

-----タレ-----

  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ2
  • しょうゆ・・・大さじ1
  • レモン汁・・・小さじ1
  • すりおろし生姜・・・小さじ1
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1/4

-----添え物-----

  • 大葉・・・4枚

-----トッピング-----

  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

準備.大葉は軸を切り落としておきます。 玉ねぎは半分に切っておきます。
1.ボウルにタレの材料を入れて混ぜ合わせます。
2.玉ねぎは薄切りにします。別のボウルに入れ、塩をふって揉みこみ、水を注いで5分程さらし、水気を切ります。
3.カツオに塩をふります。
4.フライパンを強火で熱し、サラダ油をひいてキッチンペーパーで薄くのばし、3を皮目から入れて焼きます。表面が2mm程白くなるまで焼いたら火から下ろします。
5.氷水にさっとくぐらせて冷やし、キッチンペーパーで水気を拭き取り、1cm幅に切ります。
6.お皿に大葉を敷き、2、5の順に盛り付け、小ねぎを散らし、1をかけて完成です。

人気のカテゴリ