2021.12.22

クリスマスカラーといえば緑と赤なのはどうして?おすすめスイーツのレシピも

クリスマスカラーといえば赤と緑のイメージがありますよね?実は、これらのクリスマスカラーにはそれぞれ意味があるんです。

サンタクロースの服の色でもある赤色は「キリストの血」を表し「神の愛と寛大さ」という意味が込められています。

緑色は、クリスマスに飾るモミの木やヒイラギで使われている色です。これらの植物は、常緑樹で冬の間も枯れることがないため「永遠の命」や「力強さ」を象徴するとされています。

このようにクリスマスカラーにはそれぞれ意味が込められているんですよ。

クリスマスカラーの意味についてわかったところで、ここからは、クリスマスがモチーフとなったお菓子のレシピをご紹介します。さつまいもと市販のタルト台を使った簡単クリスマスツリータルトや、アップルパイのバラを飾った本物みたいなリースケーキなど、かわいいお菓子をピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.クリスマスツリータルト

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

さつまいもを使った、クリスマスツリータルトをご紹介します。なめらかなさつまいもペーストとサクサクのタルトが相性抜群です。市販のタルト台を使用するので、オーブンを使わず簡単にお作りいただけます。さつまいもで作るので常温でも置いておくことができ、パーティーの間じゅう飾っておくこともできますよ。お好みのトッピングでかわいく飾ってお楽しみください。

材料(8個分(直径5cmタルト台使用))

  • さつまいも・・・200g
  • 水 (さらす用)・・・適量
  • (A)牛乳・・・50ml
  • (A)グラニュー糖・・・30g
  • (A)抹茶パウダー・・・大さじ1
  • (A)有塩バター・・・10g
  • 市販のプチタルト台・・・8個

-----トッピング-----

  • アラザン・・・適量
  • トッピングシュガー・・・適量
  • フリーズドライストロベリー・・・適量
  • 粉糖・・・適量

作り方

準備.さつまいもは皮を剥いておきます。
1.さつまいもは一口大に切ります。耐熱ボウルに入れ5分程水にさらし、水気を切ったらラップをかけ、600Wの電子レンジで3分柔らかくなるまで加熱します。
2.熱いうちに潰し、(A)を加え滑らかになるまで混ぜ合わせます。
3.裏ごしをしたら、星形の絞り袋に入れ、市販のプチタルト台にしぼります。
4.トッピングで飾ったら完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

2.コーンフレークで簡単 クリスマスリース

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

コーンフレークで簡単に!クリスマスリースを作ってみてはいかがでしょうか。溶かしたチョコに絡めたコーンフレークを、リースの形にして冷やし固めるだけなのでとっても簡単。コーンフレークがリースの葉っぱのようでとってもかわいいですよ!お好みのトッピングでデコレーションしてみてくださいね。

材料(8個分)

  • コーンフレーク・・・40g
  • ホワイトチョコレート・・・100g
  • お湯 (湯せん用・50℃)・・・適量
  • 抹茶パウダー・・・小さじ1

-----トッピング-----

  • チョコレートペン (赤)・・・1本
  • ストロベリーパウダー (フリーズドライ)・・・適量
  • アラザン・・・適量

作り方

準備.バットにクッキングシートを敷いておきます。チョコレートペンはパッケージの表記に従って溶かしておきます。
1.チョコレートペンでリボンの形の飾りを作ります。
2.ボウルにホワイトチョコレートを割り入れ、ゴムベラで混ぜ合わせながら湯せんで溶かします。
3.抹茶パウダーをふるい入れて混ぜ合わせます。全体が均一になったらコーンフレークを加えて混ぜ合わせます。
4.バットに3をのせ、リースの形になるように輪を作ります。ストロベリーパウダー、アラザンを飾り、1をのせ、固まるまで冷蔵庫で30分程冷やします。
5.器に盛り付けて完成です。

3.クリスマスカラーマカロン

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

クリスマスカラーがとってもかわいいマカロンをご紹介します。コロンとした見た目と、アーモンドの上品な味わいは、おもてなしにぴったりのスイーツ。卵白と粉類を混ぜ合わせるときに、メレンゲの泡をやさしく潰しながら混ぜていくマカロナージュという作業をしっかり行うのが上手に作るポイントです。手順が多く、お菓子の中でも作るのが難しいといわれるマカロンですが、ぜひ挑戦してみてくださいね。

材料(20個分)

  • アーモンドプードル・・・90g
  • 粉糖・・・80g

-----メレンゲ-----

  • 卵白・・・65g
  • グラニュー糖・・・70g
  • 卵白・・・6g
  • 食紅 (赤)・・・適量
  • 抹茶パウダー・・・5g

-----クリーム-----

  • ホワイトチョコレート・・・100g
  • 生クリーム・・・70ml

-----トッピング-----

  • トッピングシュガー・・・適量
  • アラザン・・・適量

作り方

1.鍋に生クリームを入れ沸騰直前まで加熱します。
2.耐熱ボウルにホワイトチョコレートを割り入れ、1を加えて、チョコレートが溶けるまでよく混ぜ合わせます。ラップをかけて冷蔵庫で1時間冷やします。
3.ボウルにアーモンドプードル、粉糖をふるい入れて混ぜ合わせます。半量を別のボウルに分け、抹茶パウダーを加えて混ぜます。
4.別ボウルにメレンゲを作ります。卵白、グラニュー糖の1/3を入れて、ハンドミキサーで泡立てます。白っぽく泡立ってきたら残りグラニュー糖の半量を加え、1分泡立てます。残りのグラニュー糖を加え、再度1分泡立てます。ツノが軽く倒れる程度になるまで泡立てます。
5.抹茶パウダーを混ぜていない3に4の半量を入れ、卵白を3gと食紅を加え、ゴムベラで優しく混ぜ合わせます。ゴムベラで上からたらした際に、全体がつながりゆっくり落ちる程度になるまで混ぜ、マカロナージュします。
6.抹茶パウダーを混ぜた3に残りの卵白、残りの4を加えて、5と同様の状態になるまでマカロナージュします。
7.5、6をそれぞれ丸口金のついた絞り袋に入れ、クッキングシートを敷いた天板に3〜4cm大に丸く絞ります。表面が乾くまで30〜60分ほど乾燥させます。オーブンを150℃に予熱します。
8.表面を指で左右に動かして触ってもくっつかなくなったら、150℃のオーブンの上段で6分焼き、130℃に温度を下げたオーブンの下段で5分焼きます。焼けたら常温で冷やします。
9.2を絞り袋に入れて8の半量に絞り出し、残りの8を被せます。トッピングを飾って完成です。

人気のカテゴリ