2021.11.26

【今日のクイズ】「◯◯ン◯◯の卵」ヒントは歴史の教科書にも載っていたあの人物名…

「◯◯ン◯◯の卵」。◯◯に入るもの、なんだかわかりますか?ヒントは歴史の教科書に出てくる、偉大なあの人物!

答え合わせの後には、◯◯ン◯◯も驚くような、卵の絶品レシピもご紹介します。ひとりごはんにぴったりの一品から、大人数のパーティーにおすすめな料理まで、幅広くピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね!

どこかで聞いたことあるような...。気になる正解は?

正解は「コロンブスの卵」です!意味は、だれでもできそうなことでも、最初に行うのは難しいということです。

コロンブスといえば、アメリカ大陸を発見した人物として有名ですよね。この慣用句は、実はコロンブスの逸話が基になっています。

あるパーティーで「海を渡っていけば、誰だって未開の地にたどり着ける」とからかわれたコロンブスは、「卵を何も使わずに立てることはできるか」と問いました。だれもできない中、コロンブスは卵を少し潰して立ててみせたそうです。確かに、やり方がわかればだれでもできそうなことですが、最初に行うのは難しいですよね。

おすすめの卵料理をご紹介!

さて、そんな逸話に登場する卵ですが、現代では常備されている方も多い便利食材ですよね。今回は、卵を使った絶品料理をご紹介します。さっと作れる時短料理から、ボリュームたっぷりパーティー料理までご紹介しますので、ぜひ見てみてくださいね。

1.厚揚げの卵とじ丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

忙しいときにもってこいの丼!厚揚げの卵とじ丼をご紹介します。めんつゆでとじた半熟卵がごはんにジュワッとしみこみ、ついつい箸がすすむ一品ですよ。厚揚げをたっぷり使っているので、この一杯だけで満足感があります。溶き卵は2回に分けて加え、半熟部分を残すのがポイントですよ。帰るのが遅くなった日の夕飯に、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • ごはん・・・360g
  • 溶き卵・・・2個分
  • 厚揚げ・・・130g
  • お湯 (油抜き用)・・・適量
  • 玉ねぎ・・・60g
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・80ml
  • (A)水・・・大さじ2
  • (A)酒・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • 三つ葉・・・2g

作り方

準備.三つ葉は根元を切り落としておきます。
1.厚揚げを耐熱ボウルに入れ、お湯をかけて油抜きをします。水気を切り、1.5cm角に切ります。玉ねぎは薄切りにします。
2.三つ葉は3cm幅に切ります。
3.フライパンに1と(A)を入れて、中火で玉ねぎに火が通るまで煮ます。
4.溶き卵を半量入れ、白身が固まり始めるくらいまで煮ます。残りの溶き卵と2を散らし、火を止めてフライパンの蓋をし、30秒程蒸らします。
5.どんぶりにごはんをよそい、4を盛り付けて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

人気のカテゴリ