2022.7.1

【謎解きクイズ】この調味料はなーんだ?気になる正解は…

なぞときクイズです!この画像が表している調味料は何でしょう?ヒントは、料理の味を引き立てるあの調味料です!ぜひ頭をやわらかくして考えてみてくださいね。正解発表のあとは、答えの調味料を使ったおつまみレシピをご紹介します。なぞときクイズで頭を使ったあとは、お酒がぐっと進む絶品レシピをお楽しみくださいね!

漢字の「読み方」と「数」に注目してみると...!正解はこれ!

正解は「塩(しお)」です!予想は当たりましたか?

「尾」「御」「緒」「雄」の4つの漢字は、いずれも「お」と読めます。「お」と読める漢字が4つ(し)続くので、「しお」。答えは「しお(塩)」でした!

一口に「塩」といっても、海水からとれる「海水塩」や岩塩層からとれる「岩塩」など、種類はさまざま。日本では海水を釜で煮詰めて作ることが多いのですが、世界的にみると、実は「岩塩」のほうが多く採れているんです。

海水から作られた塩には、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルが含まれていて、味わいに深みがあります。一方「岩塩」は、採れる土地によって鉄分や硫黄などの含有量が違い、色合いもオレンジ、ピンク、緑などカラフルなものもあります。一般的に岩塩のほうが塩辛いといわれているので、料理によって使い分けるのがおすすめですよ。

塩味の効いたおつまみレシピをご紹介!

ここからは、クイズの答えにちなんで、塩を使った旨味たっぷりのおつまみレシピをご紹介します。ジューシーなおつまみ塩チキンやキャベツと豚バラの塩ガーリック炒め、白菜とツナのうま塩和えなど、やみつき必至のおつまみメニューをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね!

1.揉むだけジューシー おつまみ塩チキン

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

黒こしょうや爽やかなレモンの酸味が効いた、やみつき必至のおつまみ塩チキンはいかがでしょうか。保存袋にたれの材料を入れて揉みこみ、10分漬けて焼くだけでパリッと香ばしい絶品のおつまみが完成しますよ。お好みで輪切り唐辛子などを加えて、ピリ辛味にしてもおいしくいただけます。ごま油の香りも食欲をそそり、どんどん箸が進みますよ。しっかりめの味つけでお酒との相性も抜群なので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 鶏もも肉・・・300g

-----たれ-----

  • 片栗粉・・・大さじ2
  • 料理酒・・・大さじ1
  • ごま油・・・大さじ1
  • 鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • 白いりごま・・・小さじ1
  • 砂糖・・・小さじ1/2
  • レモン汁・・・小さじ1/2
  • 塩・・・小さじ1/3
  • 黒こしょう・・・ふたつまみ
  • ごま油・・・大さじ1

-----トッピング-----

  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.鶏もも肉は一口大に切ります。
2.ジッパー付き保存袋に1、たれの材料を入れて揉みこみ、冷蔵庫で10分程置きます。
3.フライパンにごま油をひいて中火で加熱し、2を入れます。火が通るまで両面を5分程焼き、火から下ろします。
4.器に盛り付け、小ねぎを散らして完成です。

2.キャベツと豚バラの塩ガーリック炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

絶妙な塩加減についつい手が伸びる、キャベツと豚バラの塩ガーリック炒めをご紹介します。濃厚な旨みの豚バラ肉と甘みたっぷりのキャベツにすりおろしニンニクを加えて、満足感たっぷりのおかずに仕上げました。調理工程がシンプルなので、思い立ったらすぐ作れますよ。クセになる味わいなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

材料(2人前)

  • キャベツ・・・200g
  • 豚バラ肉 (薄切り)・・・100g
  • (A)料理酒・・・小さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1/2
  • (A)塩・・・ひとつまみ
  • (A)黒こしょう・・・ひとつまみ
  • ごま油・・・小さじ2

作り方

1.キャベツはざく切りにします。
2.豚バラ肉は5cm幅に切ります。
3.中火で熱したフライパンにごま油をひき、2を入れて炒めます。
4.色が変わったら1、(A)を入れて中火で炒めます。
5.豚バラ肉に火が通り、全体に味がなじんだら火から下ろし、器に盛り付けて完成です。

3.やみつき 白菜とツナのうま塩和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

シャキシャキ食感が楽しめる、白菜とツナのうま塩和えを作ってみましょう!ツナの旨みがみずみずしい白菜にしみわたり、お酒のおつまみや箸休めにもうってつけの和え物ですよ。ごまの香ばしい風味が食欲をそそり、パクパク食べ進められます。保存袋を使って調理するので、後片付けの手間がかからないのもうれしいポイント。おうちによく常備している調味料を使って簡単に作れるので、ぜひトライしてみてくださいね。

材料(4人前)

  • 白菜 (1/8個)・・・450g
  • 塩・・・小さじ1/2
  • ツナ油漬け (正味量)・・・120g
  • (A)ごま油・・・大さじ2
  • (A)白すりごま・・・大さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ2
  • (A)塩・・・小さじ1/4
  • 白いりごま (仕上げ用)・・・適量

作り方

1.白菜は細切りにします。
2.ジッパー付き保存袋に1、塩を入れ揉み込み、10分しんなりするまで置きます。
3.ボウルに水気を絞った2、(A)、ツナ油漬けを入れて混ぜ合わせます。
4.全体に味がなじんだら器に盛り付け、仕上げに白いりごまをふりかけて完成です。

やみつきの塩味おつまみを作ろう!

いかがでしたか?今回は画像なぞときと、塩を使った絶品おつまみレシピをご紹介しました。塩味のおつまみはシンプルな味わいですが、その分食材の旨みが際立ち、思わずお酒が進んでしまうこと間違いなし!ぜひ今回のレシピを参考にして、やみつきになるおいしさの塩味おつまみを作ってみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ