茶せんナスの作り方 レシピ・作り方

「茶せんナスの作り方」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

茶せんナスの作り方のご紹介です。ナスに切り込みを入れて茶せん型に仕上げる茶せんなすは、煮浸しや揚げ浸しなどに使われる切り方です。ご家庭でもコツを掴めば、まるで料亭のような一品が作れますよ。これを機会に、ワンランク上の切り方を挑戦してみてくださいね。

調理時間:10分

費用目安:100円前後

カロリー: クラシルプレミアム限定

材料(2人前)

  • ナス 1本
  • 適量
  • お湯 300ml
  • 白だし 大さじ2

作り方

  1. 1. ナスのヘタの部分を右に置き、ヘタの付け根部分に包丁をあて、ナスを回して1周させます。
  2. 2. 垂れ下がったヘタの部分を取り除き、ピーラーで皮を剥きます。
  3. 3. 左手でナスを持ち、6等分になるように切っ先で深さ1cm程の切り込みを入れます。
  4. 4. ボウルに入れ、浸る程度の水を注ぎ、10分置きます。
  5. 5. 鍋にお湯を沸かし、白だしを入れ、水気を切ったナスを入れます。落としふたをして、中火で10分程度加熱し、火から下ろします。
  6. 6. 菜箸でナスのヘタ持ち、上からぎゅっとねじりながら盛り付けます。

料理のコツ・ポイント

ナスのヘタはガクと実の境目で切り落とすと、無駄なくナスを使えます。 今回は皮を剥いてから茶せんに仕上げましたが、皮の部分を残してもお作りいただけます。 切り込みの本数はナスの大きさに合わせて調整してください。 白だしは種類によって風味や味の濃さが異なるので、パッケージに記載されている分量を目安にし、お好みに合わせてご使用ください。

たべれぽ

コンテンツがありません。

たべれぽを投稿する

質問する

質問する

人気のカテゴリ