【鈴木シェフ】鶏もも肉のカチャトーラ レシピ・作り方

「【鈴木シェフ】鶏もも肉のカチャトーラ」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

麻布十番のイタリアン『ピアットスズキ』のオーナーシェフ、鈴木弥平さんに教えていただいたレシピ、鶏もも肉のカチャトーラのご紹介です。香味野菜とやわらかく煮こんだ鶏もも肉の組み合わせがとてもおいしい一品です。ぜひ作ってみてくださいね。 ▼鈴木シェフについて ・お店のYouTube https://www.youtube.com/channel/UCqIdOGWlqscDLRRUtccOkGg/featured ・お店のInstagram https://www.instagram.com/piatto_suzuki_ufficiale/ ・お店のwebサイト https://piattosuzuki.square.site/ ・お店の所在地 ピアットスズキ 東京都港区麻布十番1-7-7 はせべやビル4階 ▼クラシル公式SNSはこちら ・クラシルYouTube https://www.youtube.com/watch?v=jzbpbpWeEOI ・クラシルTikTok https://www.tiktok.com/@kurashiru.com ・クラシルInstagram https://www.instagram.com/kurashiru/ ・クラシルX https://twitter.com/kurashiru0119

調理時間:60分

費用目安:600円前後

材料(2人前)

作り方

  1. 準備. にんじんは皮をむいておきます。 セロリは筋を取っておきます。
  2. 1. ニンニクは半分に切り、包丁の腹で潰します。
  3. 2. 鍋に1、EVオリーブオイルを入れ、中火で加熱します。
  4. 3. 加熱している間に、玉ねぎは粗みじん切りにします。
  5. 4. 2のニンニクがきつね色になってきたら火を止めます。
  6. 5. セロリ、にんじんはみじん切りにします。
  7. 6. 4に3、5を入れて中火にかけ、鍋が温まったら弱火にして20分程炒めます。
  8. 7. 炒めている間に、骨付き鶏もも肉は関節の部分に包丁を入れて半分に切り、(A)をふって水分が出るまで揉みこみます。
  9. 8. フライパンを弱火で熱し、油をひかずに7の皮目を下にして入れ、フライパンが温まったら火から下ろします。フライパンの温度が下がったら再度弱火にかけ、脂が出るまで加熱します。
  10. 9. 中火にし、フライパンの温度が上がったら火から外し、温度が下がったら再度中火で加熱します。繰り返して焼き、焼き色が付いたら裏返して身の部分をさっと焼き、取り出します。
  11. 10. 皮がある部分はさらに中火で焼き、焼き色が付いたら9を戻し入れます。火を止めて白ワインを入れ、中火で加熱し、アルコール分が飛んだら火を止めます。
  12. 11. 6の野菜が透き通ってきたら火から下ろし、10、アンチョビフィレを入れ、アンチョビフィレを潰し、ホールトマト缶を入れます。
  13. 12. 中火にかけて水、ローズマリー、赤ワインビネガーを入れ、落し蓋をして弱火で20分程煮こみます。骨付き鶏もも肉に火が通ったら骨付き鶏もも肉を取り出し、器に盛り付けます。
  14. 13. 残りのソースに塩を入れて味を調整し、強火で煮詰めて濃度を調整したら火から下ろします。
  15. 14. 12の器に13をかけて完成です。

料理のコツ・ポイント

水の量は骨付き鶏もも肉が半分程浸るように調整してください。 塩加減はお好みで調整してください。 こちらのレシピは白ワインを使用しております。加熱の状態によってはアルコールが含まれる可能性がありますので、お子様やアルコールに弱い方、妊娠中の方、授乳中の方はご注意ください。また、運転時、スポーツ時、入浴時はアルコールの摂取をお控えください。 白ワインを入れる際は火の取り扱いにご注意ください。 今回は耐熱性のゴムべラを使用しています。ご使用のゴムベラよっては溶けてしまう恐れがあるので、耐熱性のものをご使用ください。 こちらのレシピの栄養素表示は、全ての材料の使用量、また分量が適量の場合は目安の分量で反映されております。実際の使用量により変動しますので、参考程度にご活用ください。

たべれぽ
4.9

72件のレビュー

コンテンツがありません。

質問する

このレシピに関連するキーワード

コンテンツがありません。

人気のカテゴリ