油揚げから煮る 手作りの三角いなり レシピ・作り方

「油揚げから煮る 手作りの三角いなり」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

油揚げを炊いて、手作りのおいなりさんを作ります。長方形の油揚げでも、ころんと可愛い三角形に、簡単に成形できます。 お好みで俵型にしていただいても大丈夫です。 甘辛い油揚げにシンプルなすし飯で、定番のおいなりさんです。簡単なので覚えておくと便利な一品ですよ。
調理時間:30分
費用目安:400円前後
Favorite buttonRemove favorite button

スマホで見る

材料(10個分)

  • 油揚げ5枚
  • お湯 (油抜き用)1000ml
  • 煮汁
  • 150ml
  • 砂糖大さじ2
  • 大さじ2
  • みりん大さじ2
  • しょうゆ大さじ2
  • 顆粒和風だし小さじ1/2
  • ごはん300g
  • 白いりごま小さじ1
  • 合わせ酢
  • 大さじ2
  • 砂糖大さじ1
  • 小さじ1/4
  • 大葉 (盛りつけ用)2枚
  • ガリ (盛り付け用)20g

作り方

  1. 1.
    油揚げは菜箸を当てて転がし、斜め半分に切って袋状に開きます。
  2. 2.
    鍋にお湯を入れ沸騰させ、1を入れて中火で約3分茹で、油抜きをします。ザルにあげておたまで押し、しっかりと水気を切ります。
  3. 3.
    鍋に煮汁の材料を入れてよく混ぜ、2を入れて落とし蓋をし、中火にかけます。
  4. 4.
    沸騰後、たまに混ぜながら約10分加熱します。火を止め、そのまま冷まします。
  5. 5.
    合わせ酢の調味料を合わせ、ボウルに入れた温かいごはんに回しかけて切り混ぜます。
  6. 6.
    うちわであおいでさらに切り混ぜ、ツヤっぽくなったら白いりごまを入れて混ぜます。
  7. 7.
    10等分に分け、1つずつ軽く三角おにぎりのようにまとめておきます。
  8. 8.
    4の汁気を切り、長い部分を縦にして口を開き、7を横長に入れ、油揚げを織り込んで口を閉じます。
  9. 9.
    お皿に8を盛り付け、大葉を敷いてガリをのせれば完成です。

料理のコツ・ポイント

手順1で、菜箸などで転がす事によって、開きやすくなります。
手順2で油抜きをする事によって、余分な油が抜けて味が染みこみやすくなりおいしく仕上がります。
手順4でそのまま置いて冷ます事で、味が染み込みます。
手順7で、手に水を付けると米がくっつきにくくなります。ラップを使用しても大丈夫です。
正方形の油揚げだと、より簡単に包んでお作りいただけます。

人気のカテゴリ

Video preload background白菜たっぷり 餃子でロール白菜
秋・冬の代表的な野菜である白菜。お鍋や漬物のような定番のレシピに加え、餃子や炒めものなど様々なアレンジレ...
Video preload background角切り大根の無限ナムル
煮物や鍋、お味噌汁で大活躍の大根のレシピをご紹介します。今まで同じレパートリーしかなかった方や、いつも使...
Video preload backgroundさつまいもと厚揚げのごま味噌煮
甘くてホクホク、みんなが大好きなさつまいも。そのままでも十分美味しいけれど、一手間加えるだけで、サラダに...
Video preload backgroundキャベツとカニカマたくあんのコールスロー
一年中楽しめるキャベツを使ったレシピをご紹介します。 何と合わせても美味しいキャベツなので、いろんな組...
Video preload backgroundキムチチーズ厚揚げ焼き
油が乗っていてジューシーな美味しい豚バラ肉のレシピをご紹介します。 幅広い料理に使える豚バラ肉は、回鍋...
Video preload background香味野菜たっぷり さっぱり鶏だしのつけ蕎麦
油が少なくヘルシーで健康的な鶏もも肉のレシピをご紹介します。 照り焼きチキンや唐揚げ、煮物など、洋風和...
Close
QRコードリーダーで読み取ってください