おせちや行事の一品に 博多がめ煮 レシピ・作り方

「おせちや行事の一品に 博多がめ煮」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

がめ煮とはお正月などの行事に欠かせない、博多を中心とした福岡の郷土料理のひとつです。諸説ありますが、主に博多弁で寄せ集めて煮ることを「がめくりこむ」が名前の由来とも言われてます。鶏肉や根菜類を炒めて煮る工程が筑前煮と似てますが、筑前煮より具材を大きく切ることが、がめ煮の特徴です。鶏肉や根菜類を一口大に切って煮こみますが、今回は一部の野菜を飾り切りにして仕上げてみました。ぜひお試しくださいね。

調理時間:50分

費用目安:800円前後

材料(2人前)

作り方

  1. 準備. ボウルに干し椎茸、水を入れて、パッケージの表記通りに戻しておき、戻し汁300mlを残しておきます。 里芋、レンコン、にんじんは皮をむいておきます。 ごぼうは皮をこそげ落としておきます。
  2. 1. 里芋は一口大に切り、塩を揉みこみます。鍋に入れて水を注ぎ、中火で熱し、沸騰したら5分程ゆで、爪楊枝が刺さる程度の固さになったら湯切りします。
  3. 2. こんにゃくは1cm幅に切り、中央に長さ1cm程の切りこみを入れ、片方を切りこみに通して引っ張り、手綱形にします。塩を揉みこみ、同じ鍋にお湯を沸騰させ、中火で3分程ゆでたら湯切りします。
  4. 3. レンコンは1cm幅に切り、穴と穴の間に切りこみを入れて溝を作り、花型にします。水に10分程さらし、水気を切ります。
  5. 4. ごぼうは一口大に切り、水に10分程さらし、水気を切ります。干し椎茸は石づきを取り、半分に切ります。
  6. 5. にんじんは4等分の輪切りにして、花型でくり抜きます。花びらの間に切りこみを入れ、中央から切りこみに向けて傾斜をつけてそぎ落とし、ねじり梅にします。
  7. 6. 絹さやは筋を取り除き、斜め半分に切ります。
  8. 7. 鶏もも肉は一口大に切ります。
  9. 8. 中火で熱した別の鍋にサラダ油をひき、7を入れ、両面に薄く焼き色がつくまで炒めます。
  10. 9. 1、2、3、4を入れ、全体に油がなじむまで中火で5分程炒めます。
  11. 10. 戻し汁、(A)を入れて中火で加熱します。ひと煮立ちしたら蓋をして、アクを取り除きながら弱火で20分程煮こみます。
  12. 11. 5、6を入れ、再び蓋をして弱火で7分程煮こみます。
  13. 12. 火から下ろし、器に盛り付けてできあがりです。

料理のコツ・ポイント

こんにゃくは塩を揉みこみ、ゆでることで臭みとアクが取れます。 里芋は小ぶりなものは切らずにそのまま調理してください。 里芋は塩を揉みこみ、ゆでることで余分なぬめりが取れます。 里芋をゆでる際は、鍋がふきこぼれないように気をつけてください。 干し椎茸の戻し汁が足りない場合は、水を追加してください。 にんじんのねじり梅は両面を成形すると、立体間が出ます。 煮崩れが気になる場合は鍋ごと大きく回すと煮崩れが少なくなります。

たべれぽ
4.5

190件のレビュー

コンテンツがありません。

質問する

クラシルおすすめのキッチングッズ

人気のカテゴリ