小松菜とえのきの煮浸し レシピ・作り方

「小松菜とえのきの煮浸し」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

和食の定番副菜、煮浸しを小松菜とえのきで作ります。材料も少なくシンプル。あっさりしながらも、だしがしみて優しい味わいです。温めても、冷ましても美味しくいただける煮浸しはお弁当にもピッタリです。あと一品欲しい時などにも最適ですね。

調理時間:15分

費用目安:300円前後

カロリー: クラシルプレミアム限定

材料(2人前)

  • 小松菜 (200g) 4株
  • えのき (50g) 1/2株
  • 1000ml
  • 小さじ1
  • 冷水 (小松菜冷やす用) 適量
  • ①水 150ml
  • ①顆粒和風だし 小さじ1
  • ①みりん 大さじ2
  • ①薄口しょうゆ 大さじ1

作り方

  1. 1. えのきの石づきを切り落とし、食べやすいよう、小さな束にほぐします。
  2. 2. 鍋に水と塩を入れて、中火にかけ、沸騰したら1を入れ火が通ったら取り出します。
  3. 3. 同じ鍋に小松菜を茎から沈め、30秒ほど経ったら葉も入れて、全体を茹でます。
  4. 4. 柔らかくなったらザルにあけ、冷水で冷やし、水気をしぼって3cm幅に切ります。
  5. 5. 別の鍋に①を入れて中火にかけ、沸騰したら水気を切った2と4を入れ、3分ほど加熱します。
  6. 6. 5を器に盛り付け完成です。

料理のコツ・ポイント

塩加減は、お好みで調整してください。薄口しょうゆは濃口しょうゆでも代用いただけます。えのきの他に、しいたけなどでもお作りいただけます。

たべれぽ

コンテンツがありません。

たべれぽを投稿する

質問する

質問する

人気のカテゴリ