みそ仕立ての 肝炊きあんこう鍋 レシピ・作り方

「みそ仕立ての 肝炊きあんこう鍋」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

アンコウの旨味をしっかりと感じられる、アンコウの本場、茨城風のアンコウ鍋です。あん肝のコクのある風味にみそを合わせて、野菜から出る水分を生かした旨味たっぷりの鍋ができますよ。たまらない旬のおいしさです。

調理時間:50分

費用目安:1000円前後

カロリー: クラシルプレミアム限定

材料(2人前)

  • アンコウ (ぶつ切り) 300g
  • 熱湯 (下処理用) 適量
  • アンコウの肝 50g
  • 料理酒 (下処理用) 小さじ2
  • 白菜 250g
  • 長ねぎ 1本
  • 焼き豆腐 300g
  • 料理酒 100ml
  • みそ 大さじ2

作り方

  1. 1. アンコウの肝は料理酒をふり、30分程おき水気を拭き取ります。
  2. 2. アンコウの身はザルをのせたボウルに入れ、熱湯をまんべんなくかけ、身が白くなったらザルをあげ流水で洗い、水気を拭きます。
  3. 3. 白菜はざく切りにします。長ねぎは1cm幅の斜め切りにします。焼き豆腐は8等分に切ります。
  4. 4. フライパンに1を入れ弱火で5分程、アンコウの肝が溶けるまで炒めます。料理酒、みそを入れ弱火で混ぜ合わせ全体がなじんだら火から下ろします。
  5. 5. 土鍋に3、2の順に入れて4を注ぎ、蓋をして中火にかけます。野菜から水分が出て沸騰してきたら弱火にして15分程アクを取りながらアンコウに火が通るまで煮たら完成です。

料理のコツ・ポイント

調味料の量は、お好みで調整してください。 水分が少なく、焦げやすいので火加減に気をつけてください。 料理酒をふることで、アンコウの肝の臭みをとります。 最後に雑炊にしたり、うどんを入れても美味しいですよ。

たべれぽ

コンテンツがありません。

たべれぽを投稿する

質問する

質問する

人気のカテゴリ