【野永シェフ】親子そぼろ丼 レシピ・作り方

「【野永シェフ】親子そぼろ丼」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

“料理の鉄人JAPAN CUP“で総合優勝も経験した「日本橋ゆかり」三代目・野永喜三夫料理長に教えていただいたレシピを、クラシルで再現!今回は親子鶏そぼろ丼のご紹介です。めんつゆと白だしで、ご家庭でも簡単にお作りいただけますよ。 ▼野永シェフについて ・YouTubeチャンネル「野永チャンネル」 https://www.youtube.com/channel/UCE4v11zI4xu4W8MCWvhhHUQ ・野永料理長Twitter https://twitter.com/nonagakimio ・野永料理長Instagram https://www.instagram.com/kimiononaga/ ・書籍 「フライパンで和食」 https://www.amazon.co.jp/gp/product/4579210956/ref=dbs_a_def_rwt_hsch_vapi_taft_p1_i0 ・日本料理 日本橋ゆかり http://nihonbashi-yukari.com/ こちらのレシピでは、シェフに教えていただいた手順や材料でご紹介しております。 ご家庭で作りやすい手順や材料で再現したレシピも公開しておりますので、ぜひチェックしてみてくださいね。 https://www.kurashiru.com/recipes/b537b63c-d09d-4b81-b381-4b716604da94

調理時間:30分

費用目安:500円前後

カロリー: クラシルプレミアム限定

材料(2人前)

作り方

  1. 準備. 三つ葉は根元を切り落とし、1cm幅に切っておきます。
  2. 1. フライパンに水、めんつゆ、鶏ひき肉を入れて混ぜ合わせます。中火にかけ、混ぜながら鶏ひき肉に火が通り、全体に味がなじむまで煮詰め、火から下ろします。常温になるまで冷まします。
  3. 2. 別のフライパンに砂糖、白だし、卵を入れて耐熱性のヘラで混ぜ合わせます。混ぜながら中火にかけ、卵に火が入り、そぼろ状になったら火から下ろします。常温になるまで冷まします。
  4. 3. 器にごはんを盛り付け、1、2をのせます。三つ葉をのせて完成です。

料理のコツ・ポイント

白だしは種類によって風味や味の濃さが異なるので、パッケージに記載されている分量を目安にし、お好みに合わせてご使用ください。 今回は3倍濃縮タイプのめんつゆを使用しました。2倍濃縮のタイプをめんつゆを使用する場合は大さじ1.5、水110mlを目安に代用してください。 今回は耐熱性のゴムべラを使用しています。ご使用のゴムベラよっては溶けてしまう恐れがあるので、耐熱性のものをご使用ください。 手順1、2で常温になるまで冷ます工程は、長時間放置すると夏場などの室温が高い場合や調理環境によっては食中毒のリスクが高まりますので、ご注意ください。 鶏そぼろが余った場合は冷蔵庫で保存し、なるべくお早めにお召し上がりくださいね。 こちらのレシピの栄養素表示は、全ての材料の使用量で計算されております。実際の使用量により変動しますので、参考程度にご活用ください。また、分量が適量の材料もありますが、クラシル再現動画では量を指定して計算しておりますので、そちらも参照してみてくださいね。

たべれぽ

コンテンツがありません。

質問する

このレシピに関連するキーワード

人気のカテゴリ