きくらげを楽しむ 中華丼 レシピ・作り方

「きくらげを楽しむ 中華丼」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

きくらげをたっぷり入れた中華丼のご紹介です。時間のない時や、簡単に一品で済ませたい時におすすめですよ。お好みでイカやエビ、お好きな野菜を加えれば、ボリュームも増し食べ応えのある一品になりますよ。アレンジしてぜひ作ってみてください。
調理時間:25分
費用目安:400円前後
Favorite buttonRemove favorite button

スマホで見る

材料(1人前)

  • ごはん360g
  • 白菜70g
  • きくらげ (生)70g
  • 豚バラ肉 (薄切り)60g
  • にんじん30g
  • ①すりおろしニンニク小さじ1
  • ①すりおろし生姜小さじ1
  • 調味料
  • 料理酒大さじ1
  • オイスターソース小さじ1
  • 鶏ガラスープの素小さじ1
  • 砂糖小さじ1
  • 100ml
  • 片栗粉大さじ1
  • ふたつまみ
  • ごま油大さじ1

作り方

  1. 準備.
    にんじんの皮は剥いておきます。 きくらげは石づきを取り除いておきます。
  2. 1.
    白菜は葉と芯に切り分け、葉は2cm幅のざく切りに、芯は2cm幅の削ぎ切りにします。
  3. 2.
    きくらげは一口大に切ります。
  4. 3.
    にんじんは1cm幅の短冊切りにします。豚バラ肉は3cm幅に切ります。
  5. 4.
    ボウルに調味料を合わせます。
  6. 5.
    中火で熱したフライパンにごま油をひき、①を入れ中火で香りが立つまで炒めたら、1の芯、3を入れ5分程、中に火が通るまで炒めます。
  7. 6.
    1の葉、2を加え、中火でしんなりするまで炒めたら、4を入れ全体にとろみがついてきたら塩を加えて味を調え、火から下ろします。
  8. 7.
    器にごはんを盛り、6を乗せたら完成です。

料理のコツ・ポイント

塩加減は、お好みで調整してください。
水溶き片栗粉は、片栗粉1、水2の割合で作ってください。また、使用量はとろみの様子を見て、お好みで調整してください。

人気のカテゴリ

Video preload background節約 白菜と豚バラの水なし鍋
秋・冬の代表的な野菜である白菜。お鍋や漬物のような定番のレシピに加え、餃子や炒めものなど様々なアレンジレ...
Video preload background常備菜 大根とカブのピクルス
煮物や鍋、お味噌汁で大活躍の大根のレシピをご紹介します。今まで同じレパートリーしかなかった方や、いつも使...
Video preload background長ねぎとしいたけのグラタン
甘くてホクホク、みんなが大好きなさつまいも。そのままでも十分美味しいけれど、一手間加えるだけで、サラダに...
Video preload background生姜でピリ辛コンソメスープ
一年中楽しめるキャベツを使ったレシピをご紹介します。 何と合わせても美味しいキャベツなので、いろんな組...
Video preload background豚肉とオクラの中華風炒め
油が乗っていてジューシーな美味しい豚バラ肉のレシピをご紹介します。 幅広い料理に使える豚バラ肉は、回鍋...
Video preload backgroundごぼうと長ねぎのペッパー炒め
油が少なくヘルシーで健康的な鶏もも肉のレシピをご紹介します。 照り焼きチキンや唐揚げ、煮物など、洋風和...
Close
QRコードリーダーで読み取ってください