最終更新日 2023.3.30

「豆腐をもっとおいしく味わう!」無駄なく使い切れるオススメの食べ方

「豆腐をもっとおいしく味わう!」無駄なく使い切れるオススメの食べ方

そのまま食べることもできて便利な「豆腐」ですが、なんとなく冷蔵庫に残っていることもありませんか。そこで今回は、豆腐を無駄なく使い切れるオススメの食べ方をご紹介します。ふわふわな食感の焼きドーナツやグラタン、豆腐ハンバーグなど、さまざまなジャンルのレシピをピックアップしました!ぜひチェックしてくださいね。

1.ふんわり柔らかい 豆腐ハンバーグ

※クリックすると別のページに遷移します

みんな大好きなハンバーグに豆腐を加え、やわらかな食感に仕上げた一品。豚ひき肉の旨味とシャキシャキ食感の玉ねぎに豆腐を入れることで、手軽にボリュームが増しますよ。ジューシーな豚肉の味わいとポン酢のさわやかな酸味があいまって、あと引くおいしさに!ハンバーグが焼いている途中で崩れないよう、木綿豆腐はしっかり水切りしてくださいね。

材料(2人前)

  • 豚ひき肉・・・100g
  • 木綿豆腐・・・150g
  • 玉ねぎ・・・1/2個
  • (A)薄力粉・・・大さじ2
  • (A)塩・・・少々
  • (A)黒こしょう・・・少々
  • サラダ油・・・小さじ1
  • ポン酢・・・小さじ2

トッピング

  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.玉ねぎはみじん切りにします。
2.木綿豆腐は一口大に切ります。
3.キッチンペーパーで包み、耐熱容器に入れて、ラップをかけずに500Wの電子レンジで3分程加熱して水切りをし、粗熱を取ります。
4.ボウルに豚ひき肉、3、1、(A)を入れて捏ねます。
5.半量に分けて楕円形に成形し、空気を抜きます。
6.中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、5を入れて焼きます。焼き色がついたら裏返し、蓋をして4分程蒸し焼きにします。
7.中まで火が通ったら火から下ろします。器に盛り付け、ポン酢をかけ、小ねぎを散らして完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら加熱時間を調整してください。必要に応じて食材に完全に火が通るまで加熱してください。

2.磯の風味 ササミと豆腐のふんわりナゲット

※クリックすると別のページに遷移します

食べる手が止まらない!ササミと豆腐のふんわりナゲットはいかがでしょうか。麺棒で叩き潰した鶏ささみに、木綿豆腐、調味料を混ぜ合わせ、一口大にして焼き上げました。鶏ささみの旨味とマヨネーズや粉チーズのコクが、淡白な味わいの豆腐に合い、やみつきになるおいしさです。青のりやすりおろしニンニクの風味も効いているので、おつまみにもぴったりですよ。

材料(2人前)

  • 鶏ささみ・・・180g
  • 木綿豆腐・・・100g
  • (A)塩こしょう・・・少々
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ1
  • (A)粉チーズ・・・小さじ1
  • (A)青のり・・・大さじ1
  • (A)片栗粉・・・大さじ2
  • サラダ油・・・大さじ4
  • ケチャップ・・・大さじ2
  • パセリ (生)・・・適量

作り方

1.鶏ささみは1.5cm幅に切り、ジップ付き保存袋に入れ、麺棒で叩いて潰します。
2.ボウルに、1と木綿豆腐、(A)を加えてよく混ぜ合わせます。
3.フライパンにサラダ油をひき、中火で熱します。一口大にまとめて入れ、両面を焼きます。
4.両面が色付き、中まで火が通ったら火から下ろして油を切ります。器に盛り付け、ケチャップとパセリを添えて完成です。

3.お豆腐とアボカドのふわふわグラタン

※クリックすると別のページに遷移します

豆腐のやわらかな食感は、グラタンにも生かせるんです!水切りした豆腐を潰したら、混ぜておいた卵やコンソメなどと合わせてグラタン皿に入れ、アボカド、チーズを加えてオーブントースターへ。こんがり焼けたコクたっぷりのチーズと濃厚なアボカド、とろとろの豆腐がマッチして、クセになるおいしさです。食べごたえもばっちりですよ。

材料(1人前)

  • 絹ごし豆腐・・・150g
  • 卵・・・1個
  • アボカド・・・1/2個
  • コンソメ顆粒・・・小さじ1/2
  • 塩・・・ひとつまみ
  • ピザ用チーズ・・・40g
  • パセリ (乾燥)・・・適量

作り方

1.絹ごし豆腐をキッチンペーパーで包み、耐熱容器に入れ、600Wの電子レンジで2分加熱し、水切りをします。
2.アボカドは1cm角に切ります。
3.ボウルに卵、コンソメ顆粒、塩を入れ、よく混ぜ合わせます。
4.泡立て器で絹ごし豆腐を潰しながら、3を混ぜ合わせます。
5.グラタン皿に4、2を入れ、ピザ用チーズをのせます。オーブントースターで15分加熱し、チーズにこんがりと焼き色がついたらパセリをかけて出来上がりです。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら加熱時間を調整してください。必要に応じて食材に完全に火が通るまで加熱してください。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W180℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は卵の生食を避け、仕上がりが半熟状態になる場合はしっかりと加熱してお召し上がりください。

4.豆腐のふわとろ卵あんかけ

※クリックすると別のページに遷移します

白いごはんがどんどん進む!豆腐のふわとろ卵あんかけはいかがでしょうか。切ったきのこを炒めたら、調味料、水切りした豆腐を加え、煮立たせます。水溶き片栗粉でとろみをつけたら卵を回し入れて、まろやかに仕上げましょう!きのこの旨味としょうゆやみりんのやさしい味わいが溶け出して、豆腐によく絡みます。一味唐辛子でピリッと刺激を足してお召し上がりくださいね!

材料(2人前)

  • 木綿豆腐・・・300g
  • しめじ・・・50g
  • えのき・・・50g
  • 溶き卵・・・1個分
  • (A)水・・・200ml
  • (A)しょうゆ・・・大さじ2
  • (A)酒・・・大さじ2
  • (A)みりん・・・大さじ2
  • 水溶き片栗粉・・・大さじ2
  • ごま油・・・大さじ1
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量
  • 一味唐辛子・・・適量

作り方

1.しめじは石づきを切り落とし、ほぐします。えのきは石づきを切り落として半分に切り、ほぐします。
2.木綿豆腐は水気を切り、16等分に切ります。
3.フライパンにごま油をひき、1を入れ、しめじがしんなりするまで中火で炒めます。
4.(A)と2を加えて混ぜます。
5.煮立ったら水溶き片栗粉を入れて、混ぜ合わせながら中火で熱します。
6.とろみが付いたら弱火にして、溶き卵をゆっくり回し入れて熱します。
7.卵が固まったら火から下ろし、お皿に盛り付け、小ねぎと一味唐辛子をふって完成です。

5.簡単 豆腐でふわふわ焼きドーナツ

※クリックすると別のページに遷移します

さまざまな料理に使いやすい豆腐は、お菓子にもアレンジが可能!ホットケーキミックスや溶き卵などの材料に豆腐を加えてオーブンで焼くと、ふわふわ食感がたまらない焼きドーナツが完成します。油で揚げないので手軽に作れて、罪悪感もなし!きび砂糖やホットケーキミックスのやさしい甘みで、とっても食べやすいですよ。

材料(6個分(直径7cmのドーナツ型))

  • ホットケーキミックス・・・100g
  • 絹ごし豆腐・・・90g
  • 溶き卵 (Mサイズ)・・・1個分
  • きび砂糖・・・大さじ1

作り方

準備.オーブンを180℃に予熱しておきます。 卵を常温に出しておきます。
1.ボウルに絹ごし豆腐を入れ、ホイッパーで混ぜ合わせます。なめらかになったら溶き卵を2回に分けて入れ、その都度混ぜ合わせ、きび砂糖を入れ、混ぜ合わせます。
2.ホットケーキミックスをふるい入れ、混ぜ合わせます。
3.型に入れ、180℃のオーブンで15~20分焼き色が付くまで焼きます。
4.粗熱が取れたら型から外し、お皿に盛りつけて完成です。

万能食材、豆腐を使いこなそう!

いかがでしたか。今回は、使い切りにもぴったりな、豆腐の食べ方を5つご紹介しました。淡白な味わいの豆腐は、主菜やおやつなど、さまざまなレシピに活躍できる万能食材!ぜひご紹介した豆腐レシピで、ふわふわな食感を楽しんでみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ