2022.6.10

小腹を満たしたい時に!思い立ったらすぐ作れる“夜食”レシピ5選

夜、小腹が空いたけど、手間のかかる料理はしたくない…。そんなときにおすすめの、思い立ったらすぐ作れる「夜食レシピ」をご紹介します。電子レンジで作るまるごとトマトのリゾット風や、つるっと食べられるねぎたっぷり卵とじうどんなど、バリエーション豊富なレシピをピックアップしました!ぜひチェックしてみてくださいね。

1.たまご豆腐となめたけのあったかおろしあんかけスープ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

やさしい味わいの、たまご豆腐となめたけのあったかおろしあんかけスープはいかがでしょうか。白だしを効かせたスープに濃厚なたまご豆腐を加え、ホッとする味に。なめたけの旨味と食感もよいアクセントになりますよ。とろみがついているので食べやすく、満足感もばっちり!朝食にも最適な一品です。

材料(2人前)

  • たまご豆腐 (計200g)・・・2パック
  • 大根・・・150g
  • なめたけ・・・50g

-----スープ-----

  • 水・・・250ml
  • 白だし・・・大さじ1
  • 付属のタレ・・・2袋
  • すりおろし生姜・・・小さじ1
  • 水溶き片栗粉・・・大さじ1
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

準備.大根は皮をむいておきます。
1.大根はすりおろします。
2.鍋にスープの材料、1、なめたけを入れ強火にかけ、沸騰したらたまご豆腐を入れ、粗く崩します。
3.弱火にし水溶き片栗粉を入れ、強火にし、とろみがついたら火から下ろします。
4.器に盛り付け、小ねぎを散らしたら出来上がりです。

2.とろろ昆布とチーズの混ぜごはんおにぎり

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

いくらでも食べられる!とろろ昆布とチーズの混ぜごはんおにぎりをご紹介します。角切りにしたチーズとごはん、とろろ昆布、しょうゆを混ぜて握り、大葉の上にのせるだけ!とろろ昆布の旨味とチーズのコクが口いっぱいに広がり、贅沢な味わいです。使う調味料はしょうゆだけなので、思い立ったらすぐ作れるのもいいですね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • プロセスチーズ・・・30g
  • とろろ昆布・・・20g
  • しょうゆ・・・小さじ1

-----添え物-----

  • 大葉・・・2枚

作り方

準備.とろろ昆布はよくほぐしておきます。
1.プロセスチーズは5mmの角切りにします。
2.ボウルにごはん、とろろ昆布、しょうゆ、1を入れ、しゃもじで混ぜ合わせます。
3.ラップに半量ずつのせて包み、三角形に握ります。ラップを外し、大葉を敷いたお皿に盛り付けて完成です。

3.ささみと梅おくらのさっぱりお茶漬け

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

さっぱりと食べたいときは、ささみと梅おくらのお茶漬けがおすすめです。オクラと鶏ささみは電子レンジで加熱するので、火は使いません。和風だしとポン酢のさわやかな味わいをごはんが吸い込み、クセになるおいしさです。梅の酸味と鶏ささみの旨味、オクラのネバネバ感もたまりません。夜食はもちろん、食欲がない日のごはんにもぴったりです。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • 鶏ささみ (60g)・・・1本
  • 料理酒・・・大さじ1
  • オクラ・・・2本
  • 塩 (板ずり用)・・・ひとつまみ
  • 水・・・200ml
  • (A)顆粒和風だし・・・小さじ1
  • (A)ポン酢・・・小さじ1
  • 梅干し・・・1個
  • かつお節・・・1g

作り方

準備.鶏ささみは筋を取り除いておきます。梅干しは種を取り除いておきます。
1.オクラは塩をふって板ずりをし、流水で洗い水気を切ります。ヘタとガクを切り落とし、5mm幅の輪切りにします。耐熱容器に入れてラップをし、600Wの電子レンジで30秒加熱し、粗熱を取ります。
2.別の耐熱ボウルに鶏ささみ、料理酒を入れラップをし、600Wの電子レンジで火が通るまで2分加熱します。粗熱を取り、手でほぐします。
3.鍋に水と(A)を入れて強火でひと煮立ちさせ、火から下ろします。
4.器にごはんをよそい、2、1、梅干し、かつお節をのせ、3をかけて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ