2021.10.19

「おひとり様ごはんならコレ!」手間いらずの脱力“ズボラ飯”レシピ5選

1人で食べる日のごはんは、ささっと簡単に済ませたい。そんなとき、「ズボラ飯」レシピのレパートリーがあると便利ですよね。

今回は、10分で手間なく作れる丼ものレシピをご紹介します。電子レンジで作る豚の照り焼き丼や鶏ひき肉を使った親子丼、豆腐の卵とじ丼など、冷蔵庫によくある食材を使ったレシピをピックアップしました。ぜひ1人ごはんや忙しい日の参考にしてみてくださいね。

1.調味料3つ レンジで豚の照り焼き風丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

がっつり食べたい日におすすめ!電子レンジで作る豚肉の照り焼き風丼をご紹介します。耐熱ボウルに材料を入れて加熱するだけで、とっても簡単!ごはんがすすむ甘辛味の豚ロース肉に卵黄のまろやかさが加わり、箸が止まらないおいしさですよ。時短でボリューム満点の一品が作れるので、忙しいときにぜひ作ってみてくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • 豚肩ロース (薄切り) ・・・100g
  • 玉ねぎ・・・50g
  • (A)みりん・・・大さじ1.5
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)片栗粉・・・小さじ1
  • 卵黄 (Mサイズ) ・・・1個分
  • 小ねぎ (小口切り) ・・・適量

作り方

1.玉ねぎは薄切りにします。
2.耐熱ボウルに豚肩ロース、1、(A)を入れ全体になじませ、ラップをして豚肩ロースに火が通るまで 600Wの電子レンジで5分程度加熱します。
3.ごはんをよそった器にのせ、卵黄をのせて小ねぎを散らしたら出来上がりです。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

2.鶏ひき肉と玉ねぎの親子丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

鶏ひき肉でぱぱっと作れる、親子丼はいかがでしょうか。だしの効いたシンプルでやさしい味つけが、ふんわり卵とよく合います。包丁いらずで火の通りが早いひき肉は、忙しい日に助かるお役立ち食材。冷蔵庫に常備しておくと便利ですよ。お料理初心者の方でも失敗せずにお作りいただけるレシピなので、ぜひお試しくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • 鶏ひき肉・・・80g
  • 玉ねぎ・・・50g
  • 溶き卵 (Mサイズ) ・・・1個分
  • 水・・・40ml
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮) ・・・40ml
  • (A)砂糖・・・小さじ1

作り方

1.玉ねぎは薄切りにします。
2.フライパンに水、(A)を入れて強火でひと煮立ちさせます。1、鶏ひき肉を入れ、鶏ひき肉に火が通るまで中火で3分ほど煮ます。
3.溶き卵を回し入れ、卵が半熟状になるまで中火で1分ほど加熱し、火から下ろします。
4.丼にごはんをよそい、3をのせて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

3.10分で作れる 豚肉とキャベツのめんつゆ甘辛丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

フライパンひとつで簡単!豚肉とキャベツを炒めてめんつゆで味つけし、食べ応え抜群の丼に仕上げました。甘辛のシンプルな味つけですが、ニンニクと生姜の風味が食欲をそそり、ごはんがすすむこと間違いなしの一品です。キャベツを加えたら手早く炒めて、シャキッとした食感を残すとおいしいですよ。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • 豚こま切れ肉・・・100g
  • キャベツ・・・150g
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮) ・・・大さじ2
  • (A)砂糖・・・小さじ1/2
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ1/2
  • (A)塩こしょう・・・ふたつまみ
  • サラダ油・・・小さじ2

作り方

1.キャベツは一口大に切ります。
2.フライパンにサラダ油を入れ中火で加熱し、豚こま切れ肉を入れ炒めます。色が変わったら1を入れ炒めます。
3.キャベツがしんなりしたら中火のまま、(A)を入れ炒め合わせます。豚こま切れ肉に火が通り、全体に味がなじんだら火から下ろします。
4.器にごはんをよそい、3をのせたら完成です。

人気のカテゴリ