2022.1.13

コンフィチュールってどんなもの?ジャムとの違いやレシピもご紹介

砂糖と一緒にとろっと煮詰めた果汁と、みずみずしい果肉のバランスが絶妙な「コンフィチュール」。おいしいのはもちろん、最近ではSNS映えするかわいらしいビジュアルも注目されていますよね。

でも、「使い方は?」「ジャムとの違いは?」など意外と知らないことも多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、コンフィチュールの特徴について解説します。気になるジャムとの違いや作り方、おすすめの食べ方もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コンフィチュールとは

「コンフィチュール(confiture)」とは、果物を砂糖と一緒に煮詰めた料理のこと。

肉や魚、野菜といった食材を砂糖や酢、油などに漬けることで保存性を高める「コンフィ(confit)」というフランス料理の一種で、「コンフィチュール」という名前もこれに由来しています。

コンフィチュールの主な材料は、果物と砂糖。果物は、イチゴや桃、キウイ、ブルーベリー、プラム、りんご、オレンジなどお好みのもので作ることができます。

最近では従来の保存食とは異なり、材料を数種類組み合わせたり、スパイスやアルコールを加えて風味豊かに仕上げるなどアレンジもさまざま。フォトジェニックなビジュアルも注目されていて、コンフィチュールを扱う専門店も次々とオープンしているんですよ。

ジャムとの違いは?それぞれの特徴もご紹介

コンフィチュールとジャム、とろっとした見た目だけでなく食べ方もよく似ていますが、一体どのような違いがあるのでしょうか?

実は、コンフィチュールは、フランスでは「ジャム」を表す言葉として使われています。つまり、コンフィチュールもジャムも「果物に砂糖を加えて煮詰めたもの」という点ではまったく同じ。ですが、形状や味わいなど違うところもいくつかあるんです。 以下で、それぞれの特徴と違いをご説明します。

①語源

先ほどご説明した通り、コンフィチュールの語源は「コンフィ」というフランス料理の調理法であるのに対し、ジャムは「ぎっしり詰め込む、押し込む」という意味の英語です。

このことから、コンフィチュールは「食材を保存する」、ジャムは「果汁などを凝固する」ことを目的として作られたのではないかと言われています。

②作り方、形状

ジャムは果物の原型が崩れるまで砂糖と一緒によく煮詰めるため、とろっと濃密です。

一方、コンフィチュールはまず果物を砂糖に漬け、果汁を浸出させます。その果汁を煮詰めたものに果肉を加えるため、果物の形がごろっと残り、ジャムよりもさらりとした形状に仕上がります。

ちなみに、コンフィチュールとジャムにとろみがつくのは、果物に含まれる「ペクチン」という成分の影響なんですよ。

③味わい

基本的にジャムを作るには、果物の重さとほぼ同量の砂糖を使用することが多いですが、コンフィチュールで使う砂糖の量は、果物の重さの約20%前後と少なめです。

そのため、コンフィチュールはジャムよりも甘さは控えめで、果実のフレッシュ感を強く感じることができます。さらに、野菜やナッツ、スパイス、リキュールなどをミックスして風味よく仕上げるなど、さまざまなアレンジを楽しむことができるのもコンフィチュールの大きな特徴です。

コンフィチュールのおいしい食べ方

個性豊かな風味とフレッシュな味わいが魅力の「コンフィチュール」。ゆるめの形状でさまざまな食材になじみやすいため、とろみが強いジャムよりも幅広く活用することができます。

早速、コンフィチュールならではのおいしい食べ方をチェックしてみましょう。

■パンに塗る

コンフィチュールはジャムと同様、パンによく合います。果肉の部分を使えばサンドイッチの具としても楽しめますよ。パンだけでなくクラッカーやスコーン、パンケーキなどにトッピングして食べるのもおすすめです。

■ヨーグルトに加える

コンフィチュールはとろみがあるので、ヨーグルトとよく馴染みます。まろやかなヨーグルトに果肉のシャキッとした食感がアクセントになり、とてもおいしいですよ。

■飲み物に入れる

紅茶やハーブティーなどに入れればフルーツティーに、炭酸水に加えればフルーツソーダに仕上がります。コンフィチュールの量で甘さを調節できるのもうれしいポイントです。

■チーズにのせる

チーズの塩気がコンフィチュールの甘みを引き立て、奥深い味わいを楽しめます。お酒のおつまみにもぴったりですよ。

■ドレッシングやソースなど調味料として使う

コンフィチュールは、調味料としても使えます。ワインや醤油、バターなどと一緒にフライパンでさっと煮詰めて肉や魚料理にかけるソースにしたり、バルサミコ酢やオリーブオイルと合わせてフルーツドレッシングにするなど、アレンジも多種多様です。ぜひいろいろ試してみてくださいね。

人気のカテゴリ