2022.5.7

「連休終わりのお疲れな日に!」手早くできる“楽チンごはん”レシピ5選

連休終わりのお疲れな日は、手間をかけずにごはんを作りたいですよね。そこで今回は、手早くできる「楽チンごはん」のレシピをご紹介します。混ぜてのせるだけの明太キムチ丼や、電子レンジで作る温卵のせキーマカレーなど、幅広いレシピをピックアップしました!ぜひチェックしてくださいね。

1.ハムとねぎの簡単チャーハン

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

パパッと炒めて作る、ハムとねぎの簡単チャーハンはいかがでしょうか。シャキシャキとした長ねぎに、旨味たっぷりのハムと鶏ガラスープの素が相まっておいしいですよ。卵を加えているのでまろやかさも楽しめて、いくらでも食べられます。ごま油の香りがよく、食欲をそそる一品は、ランチにも夜食にもおすすめです。

材料(1人前)

  • ごはん・・・180g
  • 溶き卵 (Mサイズ)・・・1個分
  • ハム・・・40g
  • 長ねぎの青い部分・・・1本分
  • 鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • ごま油・・・大さじ1

作り方

1.長ねぎの青い部分はみじん切りにします。ハムは1cm角に切ります。
2.中火で熱したフライパンにごま油をひき、1を炒めます。
3.油がなじんだらごはん、溶き卵を加え、パラパラになるまで中火で炒めます。
4.鶏ガラスープの素を加えて中火でさっと炒めたら火から下ろします。
5.お皿に盛り付けて完成です。

2.アボカドとサーモンのユッケ丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

火も電子レンジも使わずにできる、アボカドとサーモンのユッケ丼をご紹介します。サーモンとアボカドは1cm角に切ることで食べやすく、タレともよく絡みますよ。濃厚なサーモンとアボカドの味わいにコチュジャンの甘辛さがマッチして、ごはんがどんどん進みます。ごま油と白いりごまの香りもよく、食欲をそそる一品です。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • サーモン (刺身用、柵)・・・100g
  • アボカド・・・1/2個
  • レモン汁・・・小さじ1/2

-----タレ-----

  • しょうゆ・・・大さじ1
  • コチュジャン・・・小さじ2
  • ごま油・・・小さじ2
  • 砂糖・・・小さじ1
  • 白いりごま・・・小さじ1
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • のり (刻み)・・・適量

作り方

準備.アボカドは皮をむき、種を取っておきます。
1.サーモンは1cm角に切ります。
2.アボカドは1cm角に切り、レモン汁をふります。
3.ボウルにタレの材料を入れ、1、2を加えて混ぜます。
4.器にごはんを盛り付け、3、のりをのせて完成です。

3.食材3つ レンジでオムライス

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

子どもから大人までみんな大好きなオムライスは、電子レンジでも作れるんです!ケチャップライスもふわふわ卵も、それぞれ電子レンジで加熱して合わせるだけ。甘みと酸味のあるケチャップライスは、マヨネーズでコクを加えた卵と相性抜群です。ミックスベジタブルを使うことで包丁を使う必要もなく、忙しいときにも重宝するメニューですよ。

材料(1人前)

-----ケチャップライス-----

  • ごはん (温かいもの)・・・200g
  • ミックスベジタブル (冷凍)・・・40g
  • ケチャップ・・・大さじ2
  • 塩こしょう・・・ひとつまみ

-----卵-----

  • 卵 (Mサイズ・・・2個
  • マヨネーズ・・・小さじ2
  • ケチャップ・・・大さじ1

作り方

1.耐熱ボウルにケチャップライスの材料を入れて混ぜ、ふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで1分30秒ほど加熱します。
2.ボウルに卵の材料を入れて混ぜます。
3.耐熱皿にラップを敷き、2を流し入れ、600Wの電子レンジで固まるまで2分30秒ほど加熱します。
4.1をのせて包み、形を整えます。器に盛り付け、ケチャップをかけて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ