2022.7.30

日本でいちばん「えび」が獲れる都道府県はどこ?北海道をおさえて1位だったのは…

おかずに「えび」が入っていると、なんとなくちょっと豪華な感じがしますよね。そんなえびの漁獲量が一番多い都道府県は、いったいどこでしょうか?えびにはたくさんの種類がありますが、それらを合計した「えび類」の漁獲量が多い都道府県をランキングでご紹介します。えびを使った絶品おかずのレシピもご紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ランキングの発表!

さっそくランキングの発表です。このランキングは、農林水産省の調査を参考に作成しました。年間のえび類漁獲量を比べています。どこが1位か、ぜひ当ててみてくださいね。

第5位・・・愛媛県 727 t

第4位・・・石川県 859 t

第3位・・・兵庫県 1,398 t

第2位・・・北海道 1,400 t

気になる第1位は...。

第1位・・・佐賀県 1,940 t

えび類の漁獲量第1位は佐賀県でした!「海の幸」「えび」と聞くと北海道を連想しがちですが、有明海に接する佐賀県が1位なんですね!

佐賀県では、クルマエビ科のシバエビがよく獲れます。元々は東京都港区の芝周辺でよく獲れたことから、この名前になったんだそうですよ。シバエビは炒めたりお刺身でいただいたりと、いろいろな料理の素材に向いています。スズキ釣りの生餌としても重宝されているんですよ。

[出典]農林水産省 「令和2年海面漁業生産統計調査」 (http://www.machimura.maff.go.jp/machi/ranking/result_item.php)

エビを使った絶品おかずのレシピをご紹介!

さてここからは、エビを使った絶品のおかずレシピをご紹介します。みんなが大好きなサクサクのエビフライや、食べごたえ抜群のブロッコリーと卵とエビのごろごろサラダなど、エビのおいしさを生かしたレシピばかりです。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.ナスとエビのオイスターソース炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

コクのある味わいがクセになる、ナスとエビのオイスターソース炒めのレシピをご紹介します。プリっとした食感のエビとジューシーなナスに、甘めで旨みたっぷりなオイスターソースの合わせダレが絡み、ごはんの進む炒めものですよ。フライパンひとつで簡単にお作りいただけるので、晩ごはんのレパートリーにぜひ加えてみてくださいね。

材料(2人前)

  • ナス・・・2本
  • 水 (さらす用)・・・適量
  • エビ (殻つき)・・・200g
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)塩・・・ひとつまみ
  • 片栗粉・・・大さじ1

-----合わせダレ-----

  • オイスターソース・・・小さじ2
  • 砂糖・・・小さじ1
  • 鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • ごま油・・・大さじ2
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

準備.エビは、殻をむき背ワタを取り除いておきます。
1.ナスはヘタを切り落とし、乱切りにします。水を張ったボウルに入れ5分程さらし、水気を切ります。
2.ボウルにエビを入れ、(A)をもみこみ、片栗粉をまぶします。
3.別のボウルに合わせダレの材料を入れ、混ぜ合わせます。
4.中火で熱したフライパンにごま油の半量をひき、2を入れエビの色が変わるまで炒め一度取り出します。
5.同じフライパンに残りのごま油をひき、1を入れナスがしんなりするまで中火で炒めます。4を戻し入れて炒め合わせ、3を加えエビに火が通ったら火から下ろします。
6.お皿に盛り付け、小ねぎを散らして完成です。

人気のカテゴリ