2022.7.13

「いつものお弁当が大変身!」ちょこっとアレンジで脱マンネリな“卵焼き”レシピ5選

やさしい色合いとふわふわ食感がたまらない卵焼きは、お弁当にも大人気のおかずですが、マンネリ化してしまうこともありますよね。今回は、卵焼きのアレンジレシピをご紹介します。たらこと大葉の卵焼きや、長ねぎの中華風卵焼きなど、飽きずに食べられるレシピをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.お弁当に ハムでぐるぐる卵焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

見た目が可愛らしい!ハムのぐるぐる卵焼きをご紹介します。ほんのり甘い卵とハムの塩気が相性抜群の一品です。卵の黄色とハムの薄いピンクで彩られた渦巻き模様がとてもきれいで、お弁当にぴったりですよ。手が込んでいそうに見えますが、少ない材料で作れてとても簡単なので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 卵・・・2個
  • (A)みりん・・・小さじ1.5
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)塩・・・少々
  • ロースハム (薄切り)・・・4枚
  • サラダ油・・・小さじ1

作り方

1.ボウルに卵を割り入れ、(A)を入れ、よく混ぜます。
2.中火で熱した玉子焼き用のフライパンにサラダ油を薄くひき、1の1/3を入れ、卵液が固まってきたらロースハムを1枚乗せ、手前から巻きます。
3.巻いた卵焼きを手前に移動させ、1の1/3をいれ、卵液が固まってきたらロースハムを縦に2枚乗せ、手前から巻きます。
4.巻いた卵焼きを手前に移動させ、残りの1を入れ、卵液が固まってきたらロースハムを1枚乗せ、手前から巻きます。
5.卵に火が通ったら火から下ろし、4等分に切って器に盛り付けて完成です。

2.お弁当にも たらこと大葉の卵焼き

 ※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

明日のお弁当に、たらこと大葉の卵焼きはいかがでしょうか。プチプチした食感がたまらない、食べ進めるのが楽しい一品です。たらこの塩気とやさしい味わいの卵に、爽やかな大葉の風味がよく合い、とてもおいしいですよ。大葉を三つ葉に代えてみるのも、香りがよくおすすめです。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 溶き卵・・・3個分
  • たらこ・・・50g
  • 大葉・・・5枚

-----調味料-----

  • 水・・・50ml
  • 料理酒・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ1
  • 顆粒和風だし・・・小さじ1/3
  • サラダ油・・・小さじ2
  • 大葉 (盛りつけ用)・・・2枚

作り方

準備.たらこは、薄皮を取り除いておきます。
1.大葉は軸を切り落とし、千切りにします。
2.ボウルに溶き卵、調味料を入れ、混ぜます。1、たらこを加えて、たらこがほぐれるまでよく混ぜます。
3.中火で熱した卵焼き器に、サラダ油を入れ、キッチンペーパーでなじませます。2の1/3量を流し入れて全体に広げます。
4.卵が半熟状態になったら弱火にし、フライ返しで奥から手前に、3つ折りにします。卵を奥にすべらせます。
5.弱火のまま、卵焼き器の空いた部分にキッチンペーパーでサラダ油を薄くひき、2の残りの半量を流し入れて全体に広げて焼きます。
6.卵が半熟状態になったら、奥から手前に巻きます。奥にずらし、残りの2を同様に焼きます。
7.卵に火が通ったら火から下ろし、巻き簾で巻いて5分ほど置いてなじませます。食べやすい大きさに切り、大葉を敷いた器に盛り付けて完成です。

3.とろーりチーズと鮭フレークの卵焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

とろとろのチーズがたまらない!鮭フレークの卵焼きをご紹介します。チーズのコクとフレークの旨みが口いっぱいに広がる一品です。卵の真ん中にスライスチーズと鮭フレークを入れたら、普段通りに卵焼きを巻いていくだけで、ワンランクアップした味わいをお楽しみいただけますよ。お酒のおつまみにもぴったりなので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 卵・・・4個
  • スライスチーズ (とろける)・・・3枚
  • 鮭フレーク・・・20g
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)顆粒和風だし・・・小さじ1
  • サラダ油・・・大さじ1/2
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.ボウルに卵、(A)を入れ白身がほぐれるまで混ぜ合わせます。
2.中火に熱したフライパンにサラダ油をひき、1の1/4量を流し入れます。底が固まり半熟状態になったら、スライスチーズ、鮭フレークをのせて奥から手前に巻きます。
3.残りの1を3回に分けて流し入れて同様に巻きます。
4.すべて巻き終わり卵が固まったら火から下ろし、切り分けて器に盛ります。小ねぎをふりかけたら完成です。

4.長ねぎの中華風卵焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

お弁当の一品に、長ねぎの中華風卵焼きを作ってみましょう!長ねぎのシャキシャキ食感と爽やかな風味が、やさしい味わいのフワフワ卵によく合いますよ。鶏がらスープの素の旨みが効いた中華風の味わいですが、大根おろしと一緒に召し上がることでさっぱりといただけます。とてもおいしいので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 卵・・・3個
  • 長ねぎの青い部分・・・1本分
  • (A)水・・・30ml
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • (A)砂糖・・・小さじ1/2
  • (A)塩こしょう・・・ひとつまみ
  • サラダ油・・・小さじ2

-----トッピング-----

  • 大根おろし・・・10g
  • しょうゆ・・・小さじ1/3

作り方

1.長ねぎの青い部分はみじん切りにします。
2.ボウルに卵を割り入れたら、1と(A)を加えて全体をよく混ぜ合わせます。
3.熱した卵焼き器にサラダ油をひきます。2を1/4量流し入れ中火で焼きます。
4.半熟になったら手前に向かってくるくると巻き、奥にスライドさせます。2を1/3量流し入れ、中火で焼きます。
5.4の工程を2回繰り返したら火から下ろします。
6.食べやすい大きさに切り、お皿に盛り付けます。大根おろしを添えしょうゆをかけたら完成です。

5.パプリカとピーマンの卵焼き

 ※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

シャキシャキ食感がたまらない!パプリカとピーマンの卵焼きをご紹介します。赤パプリカの甘みや、ピーマンのほどよい苦味がコンソメ風味の卵にマッチして、クセになる味わいの一品です。パプリカやピーマンのカラフルな色合いが、お弁当を華やかに彩ってくれますよ!ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 卵・・・3個
  • ピーマン・・・1個
  • 赤パプリカ・・・1/4個
  • 玉ねぎ・・・1/4個
  • (A)コンソメ顆粒・・・小さじ1/2
  • (A)塩こしょう・・・ふたつまみ
  • サラダ油・・・小さじ1

作り方

準備.ピーマンと赤パプリカはヘタと種を取り除いておきます。
1.ピーマンと赤パプリカは5mm角に切ります。玉ねぎはみじん切りにします。
2.ボウルに卵を入れ、溶きほぐします。1と(A)を入れ混ぜ合わせます。
3.卵焼き器にサラダ油をひき、2を1/3量流し込み、中火で焼きます。
4.半熟状に焼けてきたら、奥から手前にくるくると巻き、奥にスライドさせます。手前に2の残り半量を流し込み、中火で焼きます。
5.4の工程をもう一度繰り返し、全体に火が通ったら火から下ろします。
6.一口大に切り、お皿に盛り付けたら完成です。

卵焼きのアレンジレシピを試してみよう!

いかがでしたか。卵焼きのアレンジレシピをご紹介しました。お弁当の定番の卵焼きを、さまざまなアレンジで作ることができたら、いつも飽きずに食べられてうれしいですよね。ぜひ今回ご紹介したレシピをレパートリーに加えてみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

※お弁当として持ち運ぶ際は食中毒に配慮し、衛生的な環境下で調理を行ってください。持ち運びの際は保冷剤をつけて冷蔵庫やなるべく涼しい場所に保管してください。加熱の必要があるものは必ずよく火を通し、しっかりと粗熱を取り、余分な汁気は切ってからお弁当に詰めてください。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

人気のカテゴリ