最終更新日 2021.11.27

「野菜がパクパク食べられちゃう!」ちくわを使った“副菜”レシピ5選

毎日の生活できちんと野菜を食べたい、と思っている方は多いですよね。でも野菜だけだと、あまりたくさんは食べられなくて悩ましいところです。

そこで今回は、野菜とちくわを組み合わせた「副菜」レシピをご紹介します。ちくわと白菜の煮浸しや、ちくわときゅうりのおかか和えなど、ちくわの旨みで野菜がおいしく食べられるレシピを集めました。どれも食べればほっと安らぐ味の副菜ばかりですので、ぜひお試しくださいね。

1.簡単副菜 白菜とちくわの煮浸し

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

今夜の晩ごはんの副菜に、白菜とちくわの煮浸しはいかがですか。和風の味つけで煮込んだ白菜は、ひと口食べるとじわっと旨みがしみわたり、ほっとする味わいです。ちくわの旨みも加わって、思わずやみつきになるおいしさですよ。白菜の茎のかたい部分を細く切ることで食べやすくなり、煮込んだときに味が染みこみやすくなります。火の通りもよくなるので時間をかけずに作れますよ。冷蔵庫に白菜とちくわがあるときに、ぜひ試していただきたい一品です。

材料(2人前)

  • 白菜・・・200g
  • ちくわ・・・2本
  • 水・・・50ml
  • 顆粒和風だし・・・小さじ1/2
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)酒・・・大さじ1
  • (A)砂糖・・・小さじ2

作り方

1.白菜は2cm幅に切ります。
2.ちくわは1cm幅の斜め切りにします。
3.鍋に1、水、顆粒和風だしを入れ、蓋をして中火で5分ほど加熱します。
4.白菜がしんなりしたら2、(A)を加え、中火でひと煮立ちさせ、火から下ろします。
5.器に盛り付けて完成です。

2.ニラとちくわのおひたし

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

電子レンジで時間をかけずにサッと作れる、ニラとちくわのおひたしです。ニラの香りとちくわの旨みが食欲をそそり、ごはんが進むおいしさですよ!副菜としてだけでなく、お酒との相性もぴったりなので、おつまみとしてもおすすめです。ニラを加熱してちくわと調味料を混ぜるだけで簡単に作れるので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • ニラ・・・100g
  • ちくわ・・・4本

-----調味料-----

  • みりん・・・大さじ2
  • しょうゆ・・・大さじ2
  • 顆粒和風だし・・・小さじ1
  • 白いりごま・・・小さじ1/2

作り方

1.耐熱ボウルに調味料を入れ、ふんわりとラップをかけたら、600Wのレンジで30秒加熱します。
2.ニラは5cm幅に切り耐熱ボウルに入れ、ふんわりとラップをかけたら、600Wのレンジで1分30秒加熱します。
3.ちくわは縦に4等分にし、半分の長さに切ります。
4.2に1と3を入れて和えます。
5.皿に盛り付け、白いりごまを散らしたら完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

3.きゅうりとちくわのおかか和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

あと一品!というときに重宝する、きゅうりとちくわのおかか和えです。すりおろし生姜とミョウガのさわやかな風味で、どんどん食べ進められますよ!口の中がさっぱりするので、箸休めとしても最適です。材料を切って混ぜるだけと、簡単に作れるのもうれしいポイントですね。副菜としてレシピを覚えておくと、献立のレパートリーが増えますよ!

材料(2人前)

  • きゅうり・・・1本
  • ちくわ・・・2本
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・小さじ2
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ1/4
  • (A)かつお節・・・4g
  • ミョウガ・・・適量

作り方

準備.ミョウガは千切りにしておきます。
1.きゅうりはヘタを切り落として縦半分に切り、薄い斜め切りにします。ちくわは縦半分に切り、5mm幅の斜め切りにします。
2.ボウルに1、(A)を入れて和えます。
3.器に盛り付け、ミョウガをのせて完成です。

人気のカテゴリ