2021.9.14

とりあえずの一品に!10分で完成の“キャベツおつまみ”レシピ5選

一年を通して手に入りやすいキャベツ。いろいろな料理に活躍するので食卓に並ぶ機会も多く、ご自宅に買い置きされている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、キャベツを使った10分以内で作れるおつまみをご紹介します。ソーセージとキャベツのガーリック炒めや、わかめとキャベツのナムル風など、お酒によく合うレシピばかりです。キャベツの食感と甘みを存分に味わえますよ。ごはんにもよく合うので、あと一品ほしいときのおかずにもおすすめです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.やみつき!わかめとキャベツのナムル風

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ごま油の風味がやみつきになる、わかめとキャベツのナムル風のレシピをご紹介します。わかめとキャベツそれぞれの食感が楽しく、お箸の止まらないおいしさです。ナムル風の味つけなので、韓国料理がメインの日の副菜にもおすすめですよ。電子レンジ調理であっという間に作れるので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • キャベツ・・・100g
  • 乾燥わかめ・・・大さじ1
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ2
  • (A)白いりごま・・・小さじ1
  • (A)鷹の爪輪切り・・・少々

作り方

準備.乾燥わかめはパッケージの表記通りに水で戻し、水気を切っておきます。
1.キャベツはざく切りします。
2.耐熱ボウルに1、乾燥わかめを入れてラップかけ、600Wの電子レンジで3分加熱します。
3.キッチンペーパーで水気を拭き取り、(A)を加えてよく和えます。
4.お皿に盛り付けて出来上がりです。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

2.サバ缶とキャベツのマヨネーズ和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

とりあえずの一品に、サバ缶とキャベツのマヨネーズ和えはいかがでしょうか。サバの旨みがキャベツにしみ込んでいて絶品の味わいですよ。電子レンジで加熱した後は、味が薄まらないようにキャベツの水気をしっかりと絞ることが、おいしく仕上げるポイントです。サバ缶とキャベツがあれば食べたいときにすぐ作れるので、ぜひお試しください。

材料(2人前)

  • キャベツ・・・200g
  • サバの水煮缶 (正味量・1缶)・・・150g
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ2
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)塩こしょう・・・ふたつまみ

作り方

1.キャベツはざく切りにします。耐熱ボウルに入れ、ふんわりラップをかけて、600Wの電子レンジで2分程、やわらかくなるまで加熱し、粗熱を取って水気を絞ります。
2.ボウルにサバの水煮缶を入れ、大きくほぐします。
3.別のボウルに(A)を入れ、よく混ぜ合わせます。
4.1、2を入れ、全体に味がなじむまでよく混ぜ合わせます。
5.器に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

3.簡単副菜 しらすとキャベツの塩昆布和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

あっさりとしたおつまみで晩酌を楽しみたい日に、しらすとキャベツの塩昆布和えはいかがでしょうか。塩昆布としらすを入れることで旨みが加わり、やみつきになる味わいですよ。すりおろしニンニクと一味唐辛子がアクセントになって、お酒がどんどん進みます。お酒のおつまみにはもちろん、あと一品ほしいときの副菜にもおすすめです。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • キャベツ・・・300g
  • しらす (釜揚げ・・・)・・・50g

-----調味料-----

  • 塩昆布・・・10g
  • ごま油・・・大さじ1
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • 白いりごま・・・小さじ1
  • 一味唐辛子・・・小さじ1/4

作り方

1.キャベツは一口大のざく切りにします。
2.耐熱ボウルに入れてふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジでしんなりするまで3分加熱し、水気を切ります。
3.調味料としらすを入れて混ぜ合わせ、味がなじんだらお皿に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ