2022.4.11

鶏肉の「ささみ」、由来は何?誰かに話したくなる豆知識

むね肉やもも肉と同じように料理に幅広く使われる、鶏肉の「ささみ」。ところで、なぜささみという名前がついているのか知っていますか?ここでは、鶏肉の部位のひとつであるささみの名前の由来と、ささみを使ったおかずレシピをご紹介します。忙しいときにおすすめの簡単レシピなので、ぜひ最後まで見てみてくださいね!

「ささみ」の名前の由来は?

鶏肉のささみの名前は、「笹身」に由来するといわれています。ささみはむね肉の内側の部分の肉で、一匹の鶏から少ししかとれない部位です。形が笹の葉っぱに似ていることから「笹身(ささみ)」と名づけられました。牛や豚のヒレの部分にあたるささみは、鶏肉のなかでもっとも脂肪が少なく、タンパク質を多く含みます。

ささみは、やわらかくあっさりとした味わい。サラダのトッピングやバンバンジーなどの蒸し料理だけでなく、梅干しや大葉など和の食材とも相性がよいため、さまざまな和食料理にも使われます。リーズナブルに手に入る部位でもあるため、うまく献立に活用していきたいですね!

ささみを使ったおかずレシピをご紹介!

ここからは、ささみを使った絶品おかずレシピをご紹介します。水菜とささみをごまマヨネーズで和えたサラダや、ささみときゅうりのおろし和えなど、ささみのあっさりとした味わいを活かしたおかずレシピをピックアップしました。ぜひお試しくださいね!

1.水菜と鶏ささみの胡麻マヨサラダ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

シャキシャキッとした食感の水菜とやわらかいささみを、ごまマヨネーズで和えた和風サラダです。香ばしい白すりごまとコクのあるマヨネーズが、あっさりとしたささみによく合います。ささみの加熱には電子レンジを使うので、コンロがふさがっているときでもお作りいただけますよ。簡単に作れるので、献立のレパートリーにぜひ加えてみてくださいね!

材料(2人前)

  • 水菜・・・90g
  • 鶏ささみ (1本)・・・60g
  • 酒・・・大さじ1/2
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ2
  • (A)白すりごま・・・大さじ1
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1

作り方

準備.水菜はよく洗っておきます。鶏ささみは筋を取っておきます。
1.耐熱ボウルに鶏ささみと酒を入れ、軽くラップをかけて600Wのレンジで1分程加熱し、粗熱が取れたらほぐします。
2.水菜は根元を切り、2cm幅に切っておきます。
3.ボウルに(A)を入れ、よく混ぜ合わせます。
4.3に、1と2を入れて和え、全体がよく馴染んだら、器に盛って出来上がりです。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

2.鶏ささみときゅうりのおろし和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ささみときゅうりを大根おろしで和えてあっさりと仕上げました。甘酸っぱい味つけが染みこんだ大根おろしが、ささみときゅうりにからんで、さっぱりと食べられるおいしさです。ささみには電子レンジで火を入れるので、忙しいときのおかずとしてもぴったりですよ。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 鶏ささみ (計100g)・・・2本
  • 料理酒 (加熱用)・・・大さじ1/2
  • きゅうり・・・1本
  • 大根・・・100g
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1.5
  • (A)砂糖・・・小さじ1
  • (A)酢・・・小さじ1

作り方

準備.きゅうりはヘタを切り落としておきます。大根は皮をむいておきます。鶏ささみは筋を取り除いておきます。
1.きゅうりは千切りにします。
2.大根はすりおろし、水気を切ります。
3.耐熱ボウルに鶏ささみ、料理酒を入れてふんわりとラップをし、600Wの電子レンジで2分程鶏ささみに火が通るまで加熱します。粗熱が取れたら手で割きます。
4.ボウルに(A)を入れよく混ぜ、1、2、3を加え全体に味がなじむように和えます。
5.器に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ